KOHII
The memories of Valentine’s Day

Picks

The memories of Valentine’s Day

こんにちは、Kotaです!バレンタインのコンテストももう終わり、気がつけば三月ですね。 今年も気づけば、バレンタインが終わり、もうすぐホワイトデー。そう考えると、日本ってイベントごとが多いような気がします。色んなイベントを楽しめるので僕は満足していますが、考え方を変えれば、それだけお金がかかってしまうということですよね。どれを大切にするかは人それぞれですが、みなさんにとってバレンタインの位置付けはどのようなものでしょうか? これはあくまで僕の意見ですが、大人になるにつれて、多くのイベントが形式化してしまうような気がします。あれだけ楽しかったクリスマスやお年玉も、気づけば渡す側になっていたり。色々と変化の早い世の中ですが、このようなイベントも目いっぱい楽しめるように、柔軟に生きていきたいなと考えたりもします。

余談はこれくらいにして、今回もみなさんの投稿の中で良かったものをご紹介させていただきます! まずは、ndさんです。

友チョコを大量生産し、気になる人に突きつけて逃げる。nd.さんが描かれていたこの情景は、いつの頃の思い出なのでしょう?いつだったとしても、とても繊細で、美しい思い出に違いないと思います。 小学生の頃、僕が初めてもらったバレンタインは好きな人からでした。嬉しくて周りに自慢していたのですが、大量の友チョコを渡している彼女の姿が視界に入り、とても恥ずかしいような、悲しいような気持ちになったのを覚えています。今思えば、とても青春だなと感じます。 そんな幼い日の思い出を懐かしみながら、あの頃飲めなかったコーヒーを飲む今の自分。大人になったようで、なれていないような。年を重ねた今も、こんなもどかしさを抱えてしまうのは、みんな同じなのかもしれません。 続いては、tsumi-coさん。

こちらのチョコは、tsumi-coさんがカカオ豆から煎って作ったものだそうです。自分でカカオからチョコをつくるなんて、考えたこともありませんでした。とても、難しい気がするのですが、どうなのでしょう?tsumi-coさんはご友人と作られたそうですが、誰かと気持ちを共有しながらすることって、とてもワクワクしますよね。それが美味しいチョコレートだなんて、もっとワクワクしてしまいます。 また、こちらは本命チョコだったそうです。こんなにも愛情をかけて作ってくれたチョコを食べられるのは、とても幸せなことなんじゃないでしょうか?相手が誰であれ、自分がワクワクして作ったもので、相手が幸せになり、自分も幸せになってまた何か作りたくなる、そんな循環って素敵だなと思います。 最後に、miwaさん。

miwaさんは小学校の頃、バレンタインチョコをどうにかして豪華にしようとし、友人と話し合った結果、市販のチョコレートをくっつけてボリュームを出すという発想に至ったそうです。こんな発想、大人には多分できませんよね。ふふっと笑えるような、小学校時代の甘酸っぱいエピソードに、僕もどこか懐かしい気持ちになりました。 考え方は、歳を重ねると共に大人になっていきますが、果たしてそれがいいものなのかは少し疑問です。確かに、社会という大きな枠組みに馴染むためには、当然の変化だと思います。かくいう僕も、子供の頃にはもうすでに塾や習い事というある種の社会に属し、考え方も徐々に型にはまっていったのだと思います。しかし、何にも属さないことから生まれる自由な発想は、かけがえのないものに感じます。人によって考え方はバラバラかもしれませんが、僕はあえて、社会と離れる時間を作ろうと心がけています。難しいかもしれませんが、興味がある人はぜひ意識して生活を送ってみてください。何か刺激があるかもしれません。 今回は、3人の方の投稿を紹介させていただきました。みなさん、とてもいい思い出をシェアしてくださっていたのでとても悩みましたが、今回僕がコンテスト受賞者に選ばせていただいたのは... miwaさん です!miwaさんには、KOHIIで使える500ポイントを差し上げます。とても甘酸っぱい思い出話を共有していただき、僕もKOHIIチームもみんなほっこりしました。本当にありがとうございます。そして、他のみなさんも素晴らしい投稿ありがとうございました。 また、今後のコンテストの予定なのですが、現在「Let’s Cafe-in 一冊の本と大好きなコーヒー」を開催中です。みなさんのおすすめの本が何なのか、KOHIIチーム一同楽しみに待っております。

A cup of KOHII with Love (執筆:Kota)

コメント

miwa
miwa こんにちは。この度は私の思い出を選んでいただいてありがとうございます!とても嬉しいです😊 ポイント、大事に使いたいと思います。 KOHIIのコンテスト企画がある度に私の中の引き出しには何があるかな?と探す楽しさがあります。これからも企画を楽しみながら参加できればと思います。ありがとうございました!