KOHII
カフェのドリンクそれぞれの違いについて

Knowledge

カフェのドリンクそれぞれの違いについて

みなさんはカフェで飲むお気に入りの飲み物はありますか? また一方で、カフェに行った際に「カフェラテ」や「カプチーノ」などドリンクのメニューが多くて違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。今回はカフェでよく見かけるドリンクメニューの味わいの違いについてお話ししていきます。 主にコーヒーを使ったドリンクメニューの多くはエスプレッソにミルクを蒸気で温めた(スチーミングした)ものを合わせて作ります。 ミルクをスチーミングすることによって温められると同時にふわふわの泡にもなります。この泡立てられたミルクをフォームミルク、泡になっていない温かいミルクをスチームミルクと呼んだりします。ミルクとエスプレッソの比率の違いにより名称が異なります。

カフェラテ

最もよく見る名前だと思います。濃縮されたコーヒーエキスであるエスプレッソにスチーミングしたミルクを合わせます。エスプレッソの4倍のミルクを合わせることが多いです。フォームミルクで描かれたラテアートなども綺麗で見た目も楽しい飲み物ですね。 コーヒーの苦味とミルクの甘味が調和した味わいです。

カプチーノ

こちらもカフェラテと同じくらいよく見かけます。基本的にはエスプレッソ、フォームミルク、スチームミルクが1:1:1の厚みになるように合わせて作ります。カフェラテよりもフォームミルクの割合が多く、ミルクの総量は少なくなります。そのため、クリーミーな口当たりが特徴であり、味わいは苦味のあるコーヒー感強めの飲み物です。また、ココアパウダーなどでチョコ風味に味付けすることもあります。

マキアート

マキアートとはイタリア語で「染み」という意味です。エスプレッソにミルクの白い染みがついているように見えるためこのように呼ばれます。作り方はお店によっても様々です。エスプレッソにフォームミルクを少し注いだだけのほぼエスプレッソに近いものから、スチームミルクを少し加えるパターンもあります。 ミルクの量は前述のものと比べて最も少ないためコーヒー感の非常に強い味わいです。 他にもエスプレッソを使用したドリンクはたくさんあります。ミルクと共にチョコレートを合わせたカフェモカ、エスプレッソをお湯で割ったアメリカーノ、オーストラリアやニュージーランド等南半球ではメジャーであるフラットホワイトやマジックなど。カフェで知らないものがあったときは是非スタッフの方に尋ねてみてください。

ドリップコーヒーを使ったカフェオレ

カフェオレはエスプレッソではなくドリップで抽出したものを使うのが一般的です。こちらはお家でも簡単に作ることができますね。 ちなみにカフェラテ、カプチーノ、マキアートはイタリア語、カフェオレはフランス語です。 お気に入りのドリンクを楽しむのもほっと一息つけて良いですが、たまにはいつもと違うものにも是非チャレンジしてみてください! A cup of KOHII with Love (編集:Tomoki)

コメント

miho_kohii
miho_kohii なんとなく〜の知識でしたが、どう違うかがわかりました🌿✨私はカフェラテが好きです❤︎