KOHII
4種類もあるコーヒーの香り

Knowledge

4種類もあるコーヒーの香り

コーヒーは飲めないけど、コーヒーの香りは好き。 なんて人もいるほど、多くの人を魅了するコーヒーの香り。コーヒーの香りには、リラックス効果やリフレッシュ効果があることは有名ですよね。 ですが、そのコーヒーの香りは「4種類」もあることをご存知でしたか? 実は、コーヒーの香りは段階に応じて変化しているのです。 今回はコーヒーの「香り」をテーマに、コーヒーをもっと楽しむための、とっておきの情報をご紹介したいと思います。

コーヒーの香りは、加工過程から抽出という段階において次第に変化していきます。この段階でコーヒーの香りは4種類に変化します。 もちろん、心地よい香りをただ楽しむのもいいでしょう。ですが、コーヒーのプロになると、それぞれの段階における香りは品質を見極めるための重要な評価基準にもなってきます。コーヒーのプロにとって香りは一つの正解を導き出す重要なものなのです。 ここからは、4種類の香りを一つずつご紹介します。

1. 生豆の香り

皆さんは「生豆」をご存知ですか? 生豆とは、焙煎する前の緑色をしたコーヒー豆のことをいいます。 焙煎する前の生豆は、植物的なちょっと青い香りが特徴です。生豆の段階でカビ臭や発酵臭などがすると、品質として良くない評価になります。このような豆は、焙煎され抽出液になっても、その香りがそのまま味わいに反映されてしまいます。 なので、生豆から購入する場合はカビ臭や発酵臭がしないかチェックするようにしてくださいね。

2. コーヒー豆を挽いた時の香り

コーヒー豆の香りが最も味わえる瞬間は、焙煎された豆をミルなどで粉砕し、粉状になったときです。この香りを「フレグランス」と呼びます。 コーヒー豆にはコーヒーの油分であるアロマコーヒーオイルが詰まったたくさんの小さな穴があります。豆が砕かれることで、その穴に溜まっていた香りがパッと放たれる仕組みです。

3. コーヒーを抽出した香り

淹れたてのコーヒーを注いだカップから、フワッと香るコーヒーの香り。この香りを「アロマ」と呼んでいます。お湯の熱によってコーヒーの成分がほぐれ、気体になって立ちのぼるときに発生する香りになります。 普段コーヒーを飲まない方でも、アロマを香ったことがある人は多いはず。私たちの生活に一番身近な香りかもしれません。

4. 口に含んだ時の香り

ちょっと専門的な話になってきたなと、思ったりしていませんか?何も難しいことはありません。 コーヒーを口に含むと、その味わいとともに鼻を通り抜ける香りを楽しむことができますよね。これが香りの最後の段階「フレーバー」と呼ばれています。フローラルな、ナッツのような、柑橘類のような、果実味ある、など、その香りは様々な言葉に置き換えて表現されます。 ワインの世界と同様に、コーヒーの素晴らしい味を、色々な人と共有して楽しめるように、様々な言葉を置き換えて味を共有し合っているわけです。 以上が、4種類あるコーヒーの香りでした。コーヒーの香りは、焙煎し化学反応が起きることではじめて生まれるものです。 人の手によって生み出されている尊い香りで、これからはいつも以上に大切に香りたいものですね。 香りは一期一会

コーヒーは、生豆に熱を加えることで複雑な化学反応が起きます。そうすることで、豆の中に様々な香気(こうき)成分が形成されます。その種類は、なんと、800種類以上。 焙煎方法や焙煎時間などの違いが、香気成分と発生反応の違いとなって、さまざまなコーヒーの風味が生まれるようです。 つまり、全く同じコーヒーの香りには二度と出会えないということです。 あなたが好きだと思うコーヒーの香りも、今後似た香りに出会うことはあっても、全く同じ香りには出会うことができません。 そう考えると飲む前に香りを十分に楽しもうと思いますよね。 最後に コーヒーの香りの世界は、とても奥深いですね。香気成分については、未だに謎が多く、解明されていないことが沢山あるようです。 そんな未知なところが、コーヒーの魅力につながっているのかもしれませんね。 是非、今日のコーヒータイムから香りを楽しんでみてくださいね。 A cup of KOHII with Love (執筆:Seiya)

コメント