KOHII
コーヒーでなぜ目がさめる?カフェインの仕組みと働き

Knowledge

コーヒーでなぜ目がさめる?カフェインの仕組みと働き

「コーヒーを飲むと目がさめる」ーそれにはカフェインが関係しているということは、広く知られています。では、体に入ったカフェインは、実際にはどうやって私たちの体に働きかけ、眠気を飛ばしているのでしょうか?

カフェインが取り除く「眠気」の正体

カフェインの作用には、覚醒効果と集中力向上、利尿作用などがあり、そのうちもっとも広く利用されている効能が眠気覚まし。その仕組みを理解するには、まず、眠気とは?から。 眠気を引き起こす「睡眠物質」。このうちの一つで、カフェイン摂取によって左右される睡眠物質が「アデノシン」と呼ばれるものです。 日常生活において、私たちの体がエネルギーを使うと、その代謝の副産物として生まれるアデノシン。脳の中枢神経に作用し、鎮静・睡眠を引き起こす性質を持っています。一定の量働いた体にはアデノシンが蓄積され、それを感知するアデノシン受容体(レセプター)と結合することで、眠気や疲労感が感じられるという仕組みです。この結合が遮断されると、神経の興奮が引き起こされます。

カフェインは眠気を「消す」のではなく感じにくくさせる

そこで登場するのがカフェイン。カフェインの化学構造はアデノシンに似ているため、アデノシンの代わりに受容体に結合することで、アデノシンの結合を遮断し、眠気を感じにくくするのです。 カフェインの効果は、摂取してからおよそ30分で発揮され、個人差はありますがおよそ2〜8時間で徐々に減って行きます。 アデノシン受容体の感受性には遺伝子によって差があり、これがカフェインへの感受性の個人差に関係しているのではと考えられているそう。 カフェインでブロックされた眠気は、もともと体を適切なタイミングで休ませる目的もあるもの。カフェインを摂取し続けても、疲労自体がなくなるわけではありません。適度な睡眠のためにも、自分の体に合ったカフェインの量やとりかたを知っておきましょう。

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!