KOHII
KOHII Loverにとって特別な一日

Knowledge

KOHII Loverにとって特別な一日

みなさんが普段飲んでいるコーヒーにも記念日があることを知っていますか? 今回のKuriosityでは、コーヒーの記念日である「コーヒーの日」をご紹介します。

世界各地の「コーヒーの日」

2015年にイタリア・ミラノで開催された理事会にて、国際コーヒー機関(ICO)は10月1日を「国際コーヒーの日」に制定すると発表しました。 世界規模で共通の「コーヒーの日」が制定されたのは2015年とつい最近のことですが、それ以前にも各国では独自のコーヒーの日を決めてお祝いをしていました。 各国に先駆けて日本では、1983年に全日本コーヒー協会がコーヒーの普及と魅力の発信を目的に10月1日を「コーヒーの日」として定めました。 1983年に全日本コーヒー協会が開催したイベントが初めてのコーヒーの日のイベントと言われており、その後2000年以降を中心に各国でイベントが催されるようになりました。 「国際コーヒーの日」が制定される以前は、中国が4月、デンマークとブラジルが5月、コロンビアが7月、その他多くの国が9月29日と、「コーヒーの日」は国によって大きく異なっていました。

どうして10月1日なのか?

各国がそれぞれに設定していた「コーヒーの日」の中でも最も多かったのは9月29日ですが、国際コーヒー機関は日本と同じ10月1日を「国際コーヒーの日」と定めました。 ではなぜ、10月1日がコーヒーの日として選ばれたのでしょうか?

鍵となったのは、コーヒーの最大生産国であるブラジル。世界での生産量の約30%を占めているブラジルでは、毎年9月末までにほとんどのコーヒー豆の収穫・出荷が終わり、10月からは翌年の生産が始まります。 つまり、世界最大のコーヒー生産国であるブラジルの生産サイクルの上では10月1日が一年の区切りであり、国際的にコーヒーの新年度の始まりを祝うのにふさわしい日とされたのです。

世界中で行われるイベント

もともとコーヒーの日は、コーヒー農家の苦しい生産状況や経済状況を理解すると同時に、コーヒーに関する正しい情報を発信し品質などの知識を深めるために生まれたものでした。 しかし実際にはコーヒーを純粋に楽しんでもらうためのカジュアルなイベントが全国のカフェや喫茶店、ブースなどで開催されています。 また最近ではSNSなどを活用したオンライン上のイベントも増えてきています。

KOHIIでも国際コーヒーの日を祝して、コンテスト企画を開催しています。みなさんの素敵なコーヒータイムをぜひスナップで他のコーヒーラバーにシェアしてみてください!

A cup of KOHII with Love (執筆:Yusei)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!