KOHII
コスタコーヒー、イギリスで「世界初」のホット&アイス飲料セルフサービスマシンを試験導入

Press

コスタコーヒー、イギリスで「世界初」のホット&アイス飲料セルフサービスマシンを試験導入

新しいサービスマシンである「Coffee Express Hot & Iced Drinks Machine」は、カプチーノやアイスバニララテ、アイスフルーツコーディアルなど500種類以上のホット/アイスドリンクを提供することができます。 プレスリリースによると、このマシンはホットドリンクとアイスドリンクの両方を提供することができる世界初のセルフサービスマシンです。今後2ヶ月に渡って、イギリスのブリストル市内の40店舗でこのマシンが試験導入されます。 Costa Express UK&I社のディレクターであるニック・オリンは、「この技術は、金字塔ともいえるほどのイノベーションであり、セルフサービスのコーヒーマシン業界では世界初となります。お客様がバリスタ品質のマシンで淹れたホットまたはアイスのコーヒーを楽しめるようになることを、私たちは誇りに思います。」と述べています。 コスタコーヒーは、セルフサービスのコーヒー市場に早くから参入していました。ワールド・コーヒー・ポータルのデータによると、イギリスのプレミアムセルフサービス部門では、「Costa Express」は10,390台を展開し、71%の市場シェアを持つ圧倒的なブランドとなっています。 スーパーマーケット大手のSainsbury'sは、810台の自動販売機を展開しており、英国第2位の規模を誇っています。またスターバックスの自動販売機「We Proudly Serve」は、英国内で750台を展開しています。 日本でもコンビニエンスストアなどで手軽に買うことができるコーヒーが急速に普及してきました。しかし提供できるドリンク数は500種類には遠く及びません。新型の「Costa Express」で提供されるドリンクはどんな品質であるのかが気になりますね。

画像出典・出典

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!