KOHII
カリオモン、ようこそコーヒーセレモニーへ

Knowledge

カリオモン、ようこそコーヒーセレモニーへ

数多くあるコーヒー生産地の中でも、独特な果実味が印象的なエチオピアのコーヒー。エチオピアのコーヒーに出会いコーヒーの世界へはまり込んだ方も多いのではないでしょうか。格別に美味しいコーヒーをつくるエチオピア人のコーヒー文化。 今回のKnowledgeでは、彼らのコーヒー文化、コーヒーセレモニーについて紹介します。 By KOHII Creator Jongmin

今回のコーヒーセレモニーは大分県にあるOthello Specialty Coffee Roasterさんにて開催されました。実演してくださるのは、METAD(メタッド農業開発株式会社)社の浅野さん。METAD社は、地域社会を配慮し、エチオピアの市民やコーヒー農家の社会的利益のあるコーヒーを生産しています。徹底した品質基準の基につくった最高品質のコーヒーを地方のロースターまで直接コンタクトを取りながら、届けています。

コーヒーセレモニーってなに?

コーヒーセレモニーとは、コーヒーを飲むこと儀式化した作法の一つです。エチオピアでは、カリオモン(Kariomon)と呼ばれ、本来の意味は 「カリ」=コーヒーノキの葉、「オモン」=共に というお茶を共にする間柄という意味合いでした。 エチオピア人は家に誰かが訪れた際に、おもてなしの意味を込めてコーヒーセレモニーをします。来客にコーヒーを淹れるための儀式は、樹脂のような天然香料を香らせ、火をおこし生豆を焼くところから始まります。

コーヒーセレモニーにおける一つ一つ丁寧な作業を見ると、エチオピア人にとってコーヒーが単なる飲み物としての意味を超えていることを思い知らされます。 現地のセレモニーに参加すると来客の幸せや健康を願い、祈る声も聞こえるようです。彼らにとっては、コーヒーを淹れる過程が神聖な儀式の一つなのかもしれません。

コーヒーセレモニーの流れについて

コーヒーセレモニーの豆は鉄鍋上で直火焼きするために、かなり深めで焙煎されます。焼いた豆は、乳鉢ですりつぶし、粉状にします。コーヒー粉はジャバナ(jebena)と呼ばれる素焼きのコーヒーポットに入れ、煮込みます。煮込んだコーヒーは、シニ(cini)という取っ手のないカップに注いて飲みます。

この時にブラウンシュガーやハーブを入れて飲まれたりもします。どんなハーブを使うか家庭ごとに違って、お家レシピの個性が出ます。 コーヒーセレモニーは、一人に三回コーヒーが出されますが、一つ目が「アボール(Abol)::健康のため」、二つ目が「トナ(tona):健康のため」、三つ目が「ベレカ(bereka):祝福のため」と呼ばれ、それぞれ意味を持っています。お茶のように同じコーヒーを三回煮込むことで、それぞれの味わいも大きく変わります。

浅野さんによる実演後、実際にコーヒーを味わってみると、今まで飲んだことない不思議なコーヒーに出会いました。ハーブぽさがありながらも、ブラウンシュガーと深煎りのコーヒーが上手く絡み合い、まるでオレンジ風味のチョコレートを食べているような味でした。競技大会で提供されるシグネチャービバレッジ(創作コーヒー)を連想させられる常識を超えた味わい。

改めて「コーヒーは自由である」ということを感じました。 コーヒーセレモニーを通して、コーヒーを楽しみ、コーヒーと楽しむエチオピア人の文化を感じ、コーヒーの嗜好品としての本質を考える良い機会になりました。これは、エチオピア行きのチケットを取るしかないですね。 A cup of KOHII with Love (執筆&撮影:Jongmin)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!