KOHII
果物の実食を通して、コーヒーの表現の幅を広げる

Knowledge

果物の実食を通して、コーヒーの表現の幅を広げる

コーヒーショップに行くと、カウンターで販売されている様々なコーヒー豆。その包装に記載されている、こんなテイストノート。 「フローラル、オレンジ、ストロベリー、クリーミーな口当たりで余韻が長く続きます」 実際に読んでみても、あまり味のイメージが思い浮かばなかった経験はありませんか? 中にはテイストノート通りの味が感じられず、“自分の舌や鼻の感覚が人より鈍いのかな”と思った経験がある方もいるかもしれません。

しかし、どんな味を感じ取ったとしても、みなさんの感じ方は決して間違いではありません。 コーヒーは嗜好品。風味や味を楽しむ飲み物なので、テイストノート通りの果実味を感じ取れないこともあります。 ただし、コーヒーを生業にする人々はどうしてコーヒーを味わう際に具体的な食べ物に例える豊かな表現ができるのでしょうか? それは、彼らが日頃より、食べ物の味で表現するように意識しているからです。

「食べ物の味を言葉にする」

ここで、KOHIIユーザーのみなさんにいくつか質問があります 「果物のオレンジから何をイメージしますか?」 「オレンジはどんな味ですか?」 「オレンジとみかんはどのような味の違いがありますか?」 このような質問に対して、すぐに答えを言える方はそれほど多くないと思います。 まずは、このような問いに自分なりの答えを見つけられるように日常的に触れる果物やナッツの特徴を言葉にするように意識してみるといいかもしれません。 多くの方はオレンジという単語を聞いた時に、オレンジ色の果物そのものの形状を思い浮かべると思います。しかし、フレーバーノートにおけるオレンジという表現は味の特徴を意味します。 ですので味覚表現を覚える際には、オレンジの味を言葉に置き換える必要があります。例として、私はオレンジのことを、果肉がジューシーであり、皮の方は少し苦味のある果物と捉えています。一方でみかんはみずみずしく、オレンジより甘い印象を受けます。 味覚の感じ方は人それぞれですが、食べ物の特徴を言葉にする練習の繰り返しは、コーヒーの味覚表現を増やすことにとても役立ちます。

これから味覚表現を増やしたい方は、時間が許す限り、日常的に食べるものの特徴を記録する習慣をつけてみてはいかがでしょうか?日々の味覚体験を記録することによって、後から見返すことができます。 ぜひ果物一つにしても、形、色、味、質感など様々な角度から味を楽しんでみてください。 そのうちに、食べていた果物の特徴を、無意識のうちに正確に捉え、コーヒーのテイストノートの表現の意図も理解できるようになってくるはずです。味覚表現が増え、表現の理屈がわかってくると、より充実したコーヒーライフを過ごすことができると思います。

味覚は、昔から人類が飲食物の毒性を評価するために高度に発達させた感覚だという説があります。一方で嗅覚もまた、風味を感じる上では、とても重要な役割を果たしています。 果物の食べ比べのような味の体験を記憶・記録する味覚トレーニングに加え、アロマキットを活用した嗅覚トレーニングも味の表現の幅を広げる上で役立ちます。

嗅覚訓練は一般的にSCA(Speciality Coffee Association)が推奨している「Le Nez du Cafe」(ルネデュカフェ)で行われます。「Le Nez du Cafe」には、コーヒーに含まれている36種類のアロマキットが揃われていて、フレーバーホイールと同じくSCAの推奨のもと、バリスタのトレーニングに活用されています。そして国際コーヒー豆鑑定士の資格であるQグレーダーの試験科目にも使用されるアロマキットです。

個人で購入するには多少高価ですが、客観的な基準に基づいて自分自身の官能評価技術を向上させたいと思う方は、ぜひ活用されてみてください。 最後になりますが、コーヒーから、不在のものを連想し、言葉にする作業はとても想像力を刺激され、表現が豊かになります。 この経験は、日常生活にも大きく影響する気がします。 暮らしの中でも、日々の素敵な出来事を言葉にしていき、KOHIIユーザーのみなさんとともに充実したコーヒーライフを過ごしていけたらと思います。 A cup of KOHII with love (執筆・編集:Jongmin)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!