KOHII
アラビカ種の代表的な品種とおすすめの品種

Knowledge

アラビカ種の代表的な品種とおすすめの品種

コーヒーの種には大きく分けてアラビカ種とロブスタ種の2種類があり、その違いについて以前の記事で配信しました。

その中で、アラビカ種はさらに細分化された品種があるとお話ししたのですが、今日はその品種の中で代表的なものなどを紹介したいと思います。 コーヒーに品種があるということを知っているという方はそこまで多くないかもしれません。お米で例えると「コシヒカリ」や「あきたこまち」などの銘柄のようなものです。品種によって味わいや、樹木の見た目が異なります。 コーヒーの品種を知る上で理解しておきたいのが、コーヒーの風味に影響を及ぼす要素は品種以外にもたくさんあるため、一概に「この品種はこの味になる」という訳ではないという事。風味に関してはある程度の傾向がある、という点を念頭におきつつ、品種を学んでコーヒーをより深く楽しんでみましょう。

ティピカ

ティピカは最も古い栽培品種と考えられています。コーヒーの品種は突然変異や、人工的な交配によって生まれたものなど様々ですが、多くのものがこのティピカを祖先に持ちます。

ブルボン

ティピカが突然変異した品種です。特徴的な甘味があります。ティピカと同じく、クラシックな品種であり世界中で広く栽培されています。 ティピカとブルボンを2大品種と呼ぶこともあるくらい古くから多くの土地で栽培されてきました。ただ近年は交配などによって生まれた、より生産性の高い品種に取って代わられることもあり全体的な生産量は減っています。

ゲイシャ(ゲシャ)

この名前は聞いたことがあるという方も多いかと思います。花や香水を思わせる華やかな香りが特徴的な品種です。数年前から話題になり、多くのコーヒーショップで見かけます。まだ飲んだことが無いという方は1度は試していただきたい品種です。まるでコーヒーとは思えない風味を味わえます。

パカマラ

人工的な交配によって生まれた品種です。前述のものと比べると少しマニアックですが、筆者のイチオシの品種です。果物のようなぎゅっと凝縮された甘酸っぱい味わいのものが多くとても個性的で美味しいものが多い印象です。コーヒー豆の見た目も大きくコロッとしていてかわいいです。

エチオピアの品種

エチオピアのコーヒー豆は品種が「原生種」、「Heirloom」などと表記されていることが多いです。これはエチオピアでのコーヒー生産は多くの小規模な農家が集まって精製を行うため、品種の特定ができないことや、アラビカコーヒーの原産国でもあり、自生しているコーヒーノキから収穫することも多く、野生のコーヒーノキがどのような自然交配を経ているのかが分かっておらず、品種の同定ができないなどの理由によりこのような表記になっています。

その他にも紹介したい品種はたくさんありますが、今回はこのあたりにさせてください。焙煎や抽出方法に比べると味に与える影響は少ないですが、品種はシングルオリジンならではの楽しめるポイントであり、様々な品種があるので深堀りしていくととても面白いです。 お気に入りのコーヒーショップを探すような感覚でお気に入りの品種を探すのもまた楽しいかもしれません。ブレンドにはない、シングルオリジンならではの奥深い世界を楽しんでみてはいかがでしょうか? A cup of KOHII with Love (執筆:Tomoki)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!