KOHII
コーヒーをフレーバーで表現できるようになるには?

Knowledge

コーヒーをフレーバーで表現できるようになるには?

スペシャルティコーヒーショップでは、多くの種類のコーヒーが並んでいます。それぞれのコーヒーについての説明等が書いてあり、国名や農園名などコーヒー豆の情報だけでなく、味わいについての表記もあります。フレーバーノートなどと呼ばれたりもしており、フルーツやチョコレートなど別の食品などに味わいが例えられています。フレーバーは、実際に飲んでみてピンとくることもこないこともありますよね。今日は、そのフレーバーの説明はどうやって決められているのか、現在コーヒーショップで働いてる私がどうやってフレーバーを理解していったかについてお話しします。 コーヒー豆は、特定の土地で育つことによって含まれる成分の量やバランスが変わります。品種や精製、焙煎度などの違いによっても変化します。そのことによって味わいに違いが生まれ、その違いこそがコーヒーの楽しみの1つでもあります。 含まれる成分のバランスが、いちごに似ていたり、レモンに似ていたり、はたまたチョコレートに似ていたりします。コーヒーショップではこのような似ている味わいをフレーバーとして記載しています。実際に飲んでみて、フレーバーを感じ取るのですが、コーヒーショップのスタッフはフレーバーを感じ取る訓練を行なっているので、僅かなものでも感じ取り、表現することができます。

現在私もコーヒーショップで働いており、新しく入荷するコーヒー豆に記載するフレーバーの意見を出すようになりましたが、以前はなかなかフレーバーを感じ取ることができませんでした。買ってきたコーヒーに書かれているフレーバーもあまりピンと来ていませんでした。そんな私がどうやってフレーバーを感じ取れるようになっていったかお話します。 コーヒーの世界にはフレーバホイールやフレーバーツリーといった、フレーバー表現の際の見本になるものがあります。コーヒーを飲むときにフレーバーホイールなどを参考にしながらこれはこの味かなあ、なんて考えながら飲んでいました。そして、買ってきたコーヒー豆に記載されているフレーバーノートと答え合わせしながら、とにかくたくさんのコーヒーを飲みました。こういうことを繰り返していくうちにだんだんと味がわかるようになってきたと言うか、記載されているフレーバーノートと同じものを感じられるようになりました。 ですので、フレーバーって良くわからない、ピンとこない、という方はぜひフレーバーホイールとにらめっこしながらコーヒー飲んでみてください。 フレーバーが分かるようになると、初めて行くお店、初めて飲むコーヒーでもどんな味わいなのかイメージしやすく、自分の飲みたいコーヒーに出会いやすくなると思います。

さまざまなコーヒーがあるので、強烈なフレーバーで分かりやすいものもあります。浅煎りのコーヒーはフレーバーが分かりやすいことが多く、特にエチオピアのナチュラル精製のものは個人的に鮮明なフレーバーを持つものが多い印象です。手始めにこのようなフレーバーを感じやすいコーヒーを選ぶのも1つの手です。 難しい印象もあるフレーバー表現ですが、分かるとより一層コーヒーが楽しくなると思います。ホット一息落ち着くためのコーヒーも素晴らしいですが、たまには集中してコーヒーと向き合ってみるのも楽しいです。ぜひ、次にコーヒーを飲むときは、これはこんなフレーバーかなあと考えながら飲んでみてください。 A cup of KOHII with love (執筆:Tomoki)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!