KOHII
Our Best KOHII in 2021!

Picks

Our Best KOHII in 2021!

Kotaです。みなさん、今年はKOHIIを支えていただき本当にありがとうございました。コロナで日々鬱憤が溜まっていく中、KOHIIはみなさんのちょっとしたコーヒータイムのお供になれたでしょうか?まだまだ不十分な点も多いので、これからも、みなさんの支えを頂きながら、より一層大きく成長していけたらなと思います。来年もよろしくお願いいたします。 そして今回は、年の瀬にもぴったりな、今年を振り返るコンテストでした。「あの時に飲んだあのコーヒーおいしかったな」と、ふと思い出すことってみなさんにもあると思います。僕は、京都のブルーボトルで頂いたコーヒーコースの中のネルドリップコーヒーが、口触りと風味ともに初めての経験で、特に印象に残っています。 では、みなさんの投稿を紹介していきます。 まずは、せいやさん。

「SNS CAFÉ TOKYO」さんは、代官山にある北欧スタイルのカフェで、スニーカーショップであるSNSに併設されています。僕もスニーカーが好きなので、ぜひ行きたいと思っていた場所です。 せいやさんにとってここは、お世話になったカフェだそうで、逆にあまりこのコーヒーの写真を撮っていなかったそうです。確かに、当たり前になっていることは、意外と写真に残そうと考えなくなってしまうものです。もはや、自分の生活の一部になっているとも言えるでしょうか。このことはとてもいいことだと僕は思います。ただ、形あるものはいつか壊れてしまうように、お気に入りの店も突然なくなってしまうと悲しいので、たまには写真に収めることも大切だなと気付かされました。 続いては、森野さん。

こちらは前から気になっていたフルーツ大福のお店のもの。とても大きく綺麗なフルーツが、柔らかな大福に包まれている断面は、森野さんがおっしゃる通り、本当に芸術作品のようです。確かにコーヒーも同じように一つの芸術のようなもので、豆から溢れる香り、淹れている時の音やコーヒーを挽く時の手触り、できたてのコーヒーの味わい、そしてそれら全てを見て楽しむ。五感全てで堪能できるって本当に素敵なことだと思います。 最後に、sa-mochi-KAFEさん。

こちらの投稿では、sa-mochi-KAFEさんがコーヒー沼にハマったきっかけを教えてくれています。ここに職場の人に連れられて初めて来たとき、コーヒーとは思えないほどの金額を払ったらしく、ただその価格以上に、sa-mochi-KAFEさんの人生そのものを変えるほどのトップクラスのスペシャルティコーヒーと出会えたそうです。そしてこのお店は、限りある時間の為の価値ある一杯を提供することがコンセプトである、東京の「Glitch Coffee and Roasters」さん。こんな風に、人生を変えるほどのスペシャルティコーヒーを提供できるのは、本当に素晴らしいことだと思います。 そして、他のコーヒーより高いお金を払ってでも、その経験にお金を払えるsa-mochi-KAFEさんも、とても素敵だと思います。どんなことでもそうですが、自分で実際に触れて、見て、そして聞いてみたりしたことが自分をつくり上げていっていると僕は考えています。だから、こんな風に知らないことを経験してみようという姿勢は、いつまでも大切にしていきたいなと思わされました。 そして今回は、人生を変えたような1杯に出会えたsa-mochi-KAFEさんに、KOHIIで使える3000ポイントを贈呈したいと思います。ぜひ、これからのコーヒーライフにお使いください。 今回も、そして今年一年を通しても、みなさん素晴らしい投稿をたくさんしていただき本当にありがとうございました。このコンテストでは毎回色々なテーマがありますが、どれも新しく気付かされることばかりでした。来年も、このコンテストをみなさんと一緒に盛り上げていきたいなと思います。 そこで現在、KOHIIチームとともに活動していただけるアンバサダーも募集しております。下記コンテストに詳細もございますので、みなさんのご応募お待ちしております。

A cup of KOHII with Love (執筆:Kota)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!