KOHII
HARIO V60 ドリップスケール

Picks

HARIO V60 ドリップスケール

美味しいコーヒーを淹れるためにまず大切なのが、お湯とコーヒーのバランスを正しく量ること。コーヒー粉の重さが1g変わるだけでも、出来上がりの味わいが変わります。レシピ通りにきっちり量って淹れるのにも、自分の好みに合わせて微調整するのにも、スケールは欠かせないアイテムです。 まずはじめに揃えたいコーヒー器具の一つとして、KOHIIがお勧めするのがHARIOのV60ドリップスケール。

タイマー機能が搭載されており、200gまでは0.1g単位、500gまでは0.5g単位で量れるハンドドリップ用のスケールです。(最大2000gまで計量可能)

タイマー機能が便利

抽出レシピに、抽出時間やお湯を注ぐタイミングの秒数が書かれているのを見たことはありませんか?実は抽出のタイミングや、お湯を注ぐスピードも、コーヒーに含まれる甘みや酸味などのフレーバーがどう引き出されるかに変化を与える要素なんです。 お湯の注ぎ方で味わいをコントロールする方法についてはこちら:

ハンドドリップを始めたばかりの頃は、決まった時間やタイミングでお湯を注ぐのはなかなか難しいもの。まずは決まった量をリズム良く注ぐことに集中して、慣れてきたらタイマー機能を使って練習するのがおすすめです。

タイマーを使うには、左側のSTART/STOPと書いてあるところを軽くタップするだけ。お湯を注ぎ始めるのと同時にタイマーをスタートさせれば、蒸らしの時間から始まって、1投目、2投目のタイミングや抽出全体にかかった時間を計ることができます。 いつものリズムで注いでもお湯が落ち切ったタイミングで表示されている時間がレシピよりも大幅に早かったり遅かったりしていれば、それはコーヒー豆の挽き目を調整したほうがいいかも?というサイン。自分の好みも取り入れながら、レシピを参考に微調整を加えてみましょう。

エントリーモデルとしても、慣れてからの毎日の相棒にも

コーヒー抽出用にデザインされたドリップスケールはどれも1万円以上はする中、比較的手が届きやすい価格なのもV60 ドリップスケールの良いところ。単4電池二本で稼働する手軽さと、シンプルで感覚的なタッチ操作と軽量・コンパクトで丈夫なボディが魅力です。 デザインもすっきりとシンプルなので、どんなインテリアにもしっくり馴染みます。 おうちでハンドドリップを始めたら、ぜひV60 ドリップスケールもあわせて揃えてみてくださいね! A Cup of KOHII with Love (編集: Aya)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!