KOHII
ACE、台湾初スペシャルティコーヒーのプライベートオークションを開催。台湾コーヒーの魅力を世界へ

Press

ACE、台湾初スペシャルティコーヒーのプライベートオークションを開催。台湾コーヒーの魅力を世界へ

台湾行政院農業委員会(日本の農林水産省に相当)を代表した台湾珈琲研究所と台湾珈琲協会が、アメリカのNPOであるアライアンス・フォー・コーヒー・オブ・エクセレンス(優良コーヒー同盟、通称ACE)とパートナーシップを結び、台湾スペシャルティコーヒーにとって初めてのプライベート・コレクション・オークションを2021年8月31日に開催しました。 オークションでは、86点以上の得点を獲得した9つのコーヒーが選ばれました。これらのロットではゲイシャ、SL34といった3つの品種や、ハニー、ナチュラル、ウォッシュドの3つの製造工程が含まれています。1位を獲得したナチュラル精製のゲイシャ、そして3位を獲得したハニー生成のゲイシャは許定燁(シュディンイェ)がプロデュースする卓武山コーヒー農園が生産したコーヒーでした。 卓武山コーヒー農園はもともと茶畑からスタートしました。コーヒーの栽培を始めたのは2001年からで、20年近くに渡って生産量が増え、かつ6ヘクタールもの広さへと農園を広げていきました。また、農園は標高1200メートルに位置しているために低温環境で糖度の高いコーヒー豆を生産しています。温泉水の使用、厳選された品種、幅広い加工法によって卓武山コーヒー農園で生産されたコーヒーは滑らかな味わいで雑味がありません。 卓武山コーヒー農園に限らず、この100年近くで台湾ではコーヒーノキが栽培され続けています。標高の高い山脈や微気候によって多様な味わいのコーヒー豆を生産できるのです。 このオークションでは、5か国を代表する26人のパネラーが19ものロットから9のロットを選出しました。さらに85点から85.99点を獲得した6つのロットを含め、サンプルセットは台湾珈琲研究所から直接購入も可能とのこと。 「現時点でのボリュームは少ないですが、世界がこれらのコーヒーを味わうことで間違いなく将来的に提供できるコーヒーはスケールアップします。この機会に未来に先駆けて、台湾コーヒーの価値を目の当たりにする機会として味わってみてください」と、ヘッドジャッジのスコット・コナリー氏は述べます。 台湾珈琲研究室は、中央政府や地方自治体と連携して全国のコーヒー鑑定や地域での大会を開催しています。それ以来地方のコーヒーの品質が高まっています。台湾の地方のコーヒー農家を称え、そのコーヒーの魅力を世界に知ってもらうのが今回のオークションの目的です。 「台湾のコーヒー農家はとても勤勉かつ好奇心旺盛で、市場がどのようなコーヒーを求めているかに敏感な優れた専門家です。彼らは品種、接ぎ木、剪定、収穫、加工、発酵のプロセスを実験していて、つねに自身の品種の精度を高めるために全力投球しています」と、台湾珈琲研究所代表の林哲豪氏(リンチェッハオ)は述べます。 また、台湾珈琲研究所とACEのパートナーシップは、優れたコーヒー農家を表彰しプレミアム市場へ農家をアクセスしやすくすることも目的としています。 「間違いなく台湾はスペシャルティコーヒーが世界中でもっとも盛んな場所です。消費者と市場、そしてコーヒー農家との距離が近く、国内のバリスタやロースター、コーヒートレーダーが生産者を訪ね関係を築くきっかけになっている。昔は大都市の消費者と小売業者はコーヒー農家はお互いに接点を持たない領域にいると考えられてきました。ですが今の台湾は違います。消費者とコーヒー農家との間での定期的な交流や意見交換によって、より質の高いコーヒーの追求ができているのです」と林氏は続けて述べます。 国土が小さい台湾だからこそ、都市部と地方との関係は密になるのでしょう。インターネットが発達したといえ、やはり農家と消費者、市場が直接顔を合わせて話すことで得られるものは大きいはずです。コーヒーといえばベトナムやコロンビア、ブラジルといったコーヒーベルトに位置する国々を思い出しますが、台湾のコーヒーはあまり知られていません。新たに注目すべきコーヒー生産地として台湾もチェックしたいです。 8月31日に開催されたオークションの結果はこちらのサイトをご覧ください。

出典

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!