KOHII
東長崎のローカルシェルターMIA MIA

Meets

東長崎のローカルシェルターMIA MIA

コーヒーと真正面から向き合い、業界の前線を走るバリスタさんたち。その姿をKOHII の若手クリエーターたちからコラム形式でお届けする企画です。 日本でスペシャルティコーヒーの人気店を立ち上げてきた黄金世代から最近お店に立ち 始めた新世代まで、コーヒーを通してバリスタさんとのカジュアルな会話を楽しんだり、ゲ ストの方のキャリアストーリーを見つめたり、今後の展望について伺っていきます。 コーヒーLOVERならではのお話やバリスタという職業の魅力など、直接会いに行けなくても、ワクワクできるような出会いをこの企画でお楽しみいただけると嬉しいです。 池袋から西武池袋線で 5 分、東長崎の駅から歩いてすぐの立地にある MIA MIA。 今回は、そこでバリスタをされているエミさんを訪ねました。 どこか懐かしく、心地のいい空気が流れている東長崎に、社会の多様性を無視しない地域のシェルターのようなホスピタリティ溢れる空間を作りたい、と理恵さん&ヴォーンさん ご夫婦で始めたMIA MIA。

そんなに!?と思わずツッコミたくなるほど、MIA MIAの前を通りがかる人に次々と声をかけるエミさん。みんな、常連さんなのだそう。「看板娘」と言ったら古風かもしれませんが、明るくてオープンマインドなエミさんの顔を見るために、コーヒーを飲みに来ているお客さんは少なくないと思います。 K:コーヒーを淹れるときに技術的に大切にしていることはありますか? E:取引しているロースターさんから教えていただいている淹れ方、最低限のルールは守る。でも型にハメすぎず、私の理想の味わいが出るようにテイスティングし、チェックしながら淹れています。

K:最近オススメの豆や淹れ方や器具はありますか? E:京都にあるCOYOTE さんのコーヒー豆が好きです。COYOTEさんの豆にはカードが付いていて、そこにストーリーが載っているんです。豆の特徴だけじゃなくて、生産者のラウルさんの性格とか、ラウルさんと農園を歩いたときの会話とか、なんだかとってもリアルなんです。 これまで、コーヒーは海外で生産されて色んな工程があって自分の手元に来ているというのを知識として頭では分かっていたんですけど、見えないから実感が湧かなかった部分もあって。それを、このカードを読んで身近に感じられて感動したんです。コーヒーを淹れるときも、飲むときも、ラウルさんのことを思い出すみたいな笑。

あと、器具は MIA MIAでも使っているカリタウェーブがすごく使いやすくて良いです。浸 漬式でゆっくりじっくり淹れられるので、コクや味わいがしっかり出ます。お湯を偏って入れしまっても、底面が平らになっているので均等に抽出されやすく、扱いやすいので、コーヒードリップ初心者のお客さんにもオススメしやすいです。

"一辺倒な接客はしない"

同じ接客をしたくないので、お客さんを観察して、その方に合わせてメニューとコーヒーの説明の仕方やコーヒーの説明の仕方を変えています。例えば、東長崎ってすごくローカルな場所なので、地元の方はラフな格好してフラッとお店に来てくれるんですけど、遠方から来てくれた方はオシャレで、わざわざここを目的地として来てくださったんだなというのが分かるんです。そういう方には、どこから来てくださったんですか?と話しかけるようにしています。 もともと人と話すのがすごく好きなので、毎日すごく楽しいです。 オーナーであるヴォーンさん自身がお客さんとのコミュニケーションを1番大切にしてい て、体現しているので、上には上がいる…と思いながら働いています。笑

コーヒーについて気になることやエミさんにお聞きしたいことがあれば、お気軽にコメン ト ください!次回は、コーヒーの世界に入ったきっかけや今憧れのバリスタさんのお話な ど、パーソナルなキャリアストーリーをお楽しみに!

<プロフィール>

武田愛美 宮城県出身。カフェについて学ぶため20歳で上京し、東京・神奈川のカフェで、バリスタをする。 WHITE GLASS COFFEEに2年勤務し、MIA MIAのオーナー、ヴォーンさんに誘われたことをきっかけに、MIA MIAでバリスタなる。

<MIA MIA>

東京都豊島区長崎4-10-1

<KOHII Team>

A cup of KOHII with Love (執筆・編集:Saori, Shimakou)