KOHII
生産者の名前を伝えたいロースター

Meets

生産者の名前を伝えたいロースター

バリスタなどコーヒー業界の方々やさまざまなジャンルで活躍されているクリエイターの方々は、 普段どのようにコーヒーライフを楽しんでいるのでしょうか。Meetsは、業界をリードする人たち やチャレンジし続ける人たちとコーヒーを飲みながら深掘りしていく企画です。

本日のゲスト

Brant Tichko(ブラントさん) COYOTE the ordinary shop ヘッドロースター 今回のゲストはCOYOTE the ordinary shopのヘッドロースターであるBrant Tichkoさんです。彼はCOYOTE the ordinary shopにて、ロースターとして、生産者に近い距離でコーヒー業界が抱える様々な課題に取り組んでいます。これからはグローバルなコーヒーコミュニティを築き、持続可能なコーヒー産業を作り上げたいと語るBrantさん。今回のMeetsではそんな彼のキャリアストーリーをお届けします。 By KOHII Creator Jongmin

生産者と消費者の間で

ーー自己紹介をお願いします。 Brantさん:こんにちは。COYOTE the ordinary shop(以後、「COYOTE」と表記)でヘッドロースターをしているBrantと申します。COYOTEではエルサルバドルの生産者から直接、生豆を仕入れています。私は代表の門川さんが買い付けに行っている間に焙煎から店舗のマネジメントまでの仕事をしています。

ーーCOYOTEの活動について教えてください。 Brantさん:COYOTEは、エルサルバドルのチャラテナンゴ地域から高品質なコーヒー豆を適正な価格で直輸入しています。全国のロースターさん向けに生豆の卸をしていますが、the ordinary shopの店舗ではカフェでの利用もできます。

Brantさん:エルサルバドルの生産者が厳選してつくったスペシャルティコーヒーが飲めることがthe ordinary shopの一番の魅力です。同じ産地でも、全く異なる個性を持つコーヒーに出会う体験ができます。さらにコーヒー豆は量り売りスタイルで、コーヒーのお供に植物性のスイーツを楽しめるなどの環境保全の取り組みもしています。

ーーCOYOTEのこだわりを教えてください。 Brantさん:COYOTEは、エルサルバドルの農園のこと、生産者のこと、コーヒーのことまで一杯のコーヒーにまつわるリアルなストーリーをお届けしています。代表の門川さんが一年以上現地のコーヒー生産者として過ごしたので、信頼関係のある生産者からコーヒーを直輸入しています。今も定期的にエルサルバドルの農園に訪れたり、オンラインでCOYOTEのスタッフと農園の方と話し合いをするなど交流が続いています。

Brantさん:シングルオリジンコーヒーのラベルには、生産者の直筆サインを入れていて、商品名でも生産者の名前を紹介しています。コーヒーが人がつくったものであることを身近で感じてもらえるような工夫です。 日本からは遠いエルサルバドルですが、コーヒーを通して、消費者と生産者をつなぐ架け橋のような存在でありたいと思います。

< Brant >

< COYOTE the ordinary shop >

A cup of KOHII with Love (執筆・撮影:Jongmin)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!