KOHII
誰でも、簡単!コーヒーをおいしく淹れられる4:6メソッドって?

Knowledge

誰でも、簡単!コーヒーをおいしく淹れられる4:6メソッドって?

こちらを参考に必要な器具を揃えて、よしハンドドリップしようと思っても、どうやって淹れるのがいいかよく分からない。そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか? 今回は「誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられる」をテーマに考案された抽出方法、「4:6メソッド」のご紹介します。

4:6メソッドとは

2016年のWBrC(ハンドドリップの世界一を決める大会)にてアジア人として初めてチャンピオンになった粕谷哲さんが考案したハンドドリップのメソッドです。注ぐ総湯量を前半の40%、後半の60%に分け、それぞれで味と濃度を調整します。 最大のポイントは、テクニックではなく、注ぐお湯の量など数字で見える箇所で味の調整を行えること。これにより誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。 このメソッドを使用することによって粕谷さんはWBrCのチャンピオンに輝きました。

4:6メソッドで淹れてみる

準備するものは、ドリッパー、ペーパーフィルター、スケール、ケトルです。サーバーやグラインダーもあると良いですね。これらは上述した記事でも優先順位が1番、2番となっているものです。美味しく淹れるためには、もはや必須の器具ですね。 コーヒー粉の挽き具合は粗挽きが基本です。 使用するお湯の温度は浅煎りだと93℃、深煎りは83℃を目安にします。 注ぐお湯の総量は粉の15倍です。 例として、20gのコーヒー粉に300gお湯を注ぐレシピでお話しします。

前半の40%である120gのお湯は2回に分けて注ぎます。ベーシックなレシピでは60g×2回です。ここでは味わいの調整を行います。120gのお湯を1回目40g、2回目80gと1回目のお湯の量が少なくなるように注ぐとより甘さが強くなります。反対に1回目のお湯が多くなるようにすると、より酸味が強い、明るい印象のコーヒーになります。 このようにして、コーヒーの味わいの主体である酸味と甘味のバランスを調整することができるのです。 後半の60%では、濃度の調整を行います。180gのお湯を何回に分けて注ぐかによって調整します。回数が少なければ薄く、多くなればなるほど濃くなります。基本的には60g×3回ですが90g×2回だとより薄くなるといった具合です。

お湯を注ぐ際のポイントは、注いだお湯がしっかり落ち切ってから次を注ぐこと。1回1回の注湯の区切りをつけることで、味・濃度の調整による変化が分かりやすくなります。また、しっかり落ち切らせるために粗挽きが基本となっています。 使うコーヒー粉の量によってお湯の量も決まるため、初めて淹れるコーヒーでも迷うことなく抽出が行えます。まずは、ベーシックな60g×5回で淹れてみて、そこからお好みの味わいになるように調整をしていくことをおすすめします。また慣れてきた人は自分の好きな味わいや濃度によって、始めのベーシックなレシピを変えても良いです。 考案した粕谷さん自身も「4:6メソッドはあくまで抽出方法を考える上でのプラットフォームとなるものです。そこから自分なりの美味しいコーヒーの淹れ方を見つけていくとよいかと思います。」と語っているように、4:6メソッドを基本に、時には思い切ったレシピの変更などもやってみて、自分なりの最高の淹れ方を見つけていくことができればさらにコーヒーライフが豊かになるはずです。 粕谷さんが経営するPHILOCOFFEAのホームページにも詳しく解説されているので気になる方はぜひそちらもご覧ください。

KOHIIではスナップの投稿の際に、「レシピ」という自分の淹れたコーヒーのレシピが紹介できる機能があります。ぜひ、4:6メソッドで淹れてみた、こういう調整をしてみた、ということを紹介してみてくださいね! A cup of KOHII with Love (執筆:Tomoki)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!

関連するコンテンツ