KOHII
バリスタの基地を作る

Meets

バリスタの基地を作る

バリスタなどコーヒー業界の方々やさまざまなジャンルで活躍されているクリエイターの方々は、普段どのようにコーヒーライフを楽しんでいるのでしょうか。Meetsでは、業界をリードする人たちやチャレンジし続ける人たちとコーヒーを飲みながら深掘りしていく企画です。 今回は蜃気楼珈琲集団の田上さんのインタビューの第二弾です。第一弾をまだご覧になられていない方は、そちらも合わせてご覧ください!

K : 蜃気楼珈琲って何ですか? T:よく言われます(笑)実は、先に BARISTA BASE という法人会社を設立していて、新規事業として「蜃気楼珈琲」を立ち上げました BARISTA BASEは、実店舗を持たずポップアップ専門のファントムコーヒーロースターズとして、自家焙煎の豆を販売、ドリップ提供をしていました。今でも豆の販売・卸事業を継続しています。 BARISTA BASEと蜃気楼珈琲は、全く違う事業内容になっています。 K: なるほど。蜃気楼珈琲はシェアリングコーヒースタンドという面白いビジネスモデルですが、このアイディアはいつ頃思いついたのですか? T:最初からです!このビジネスモデルを実現させるために BARISTA BASEを立ち上げました。まずはポップアップを通して、自分の名前を知ってもらい、ファンを獲得してからシェアリングコーヒースタンドをはじめる計画でした。なので、 BARISTA BASEは「バリスタの基地」という意味になっています。

バリスタが伝え続けてくれた

K:なぜ蜃気楼珈琲と名付けたのですか? T:それは前のテナントだったスナックの名前が「蜃気楼」だったからです。それをそのまま活かそうと思いました。 お店の入り口の看板を気に入ってしまって(笑)それに事業内容にもなんとなくですが合ってる気がしたので、「蜃気楼」をそのまま採用し、「蜃気楼珈琲」と名付けました。 K:分かります。シェアリングコーヒースタンドのようにこれから新たな道を切り開いていこうとしている業態には、ぴったりな名前ですね!シェアリングコーヒースタンドを経営してみて、大変だったことや気づいた魅力があれば教えてください。 T:大変だったことは、毎日違うバリスタがお店に立つというシェアリングコーヒースタンドそのものを理解してもらうことでした。常日頃からお店に立つバリスタがお客さんに伝え続けてくれたおかげで、今は理解していただけていると感じています。 あとは、物の管理が大変です!物が増えたり、減ったり、アレがないやらで(笑) 店頭に立つバリスタはコーヒーだけではなく、お酒やお菓子、料理まで幅広く提供するので、必要なものが異なり、その都度物の定位置を変えたりして営業しています。 K:理解してもらうことと物の管理、実際にやってみないと分からなかった苦労ですね。やっていくうちに気がついた魅力も教えてください! T:横の繋がりが生まれることです。これは立ち上げ当初から狙っていましたが、予想以上に機能しました。バリスタ同士が共鳴してコラボイベントを開催したり、バリスタがお客さんと繋がったり、お店に来てくれたお客さん同士が繋がったりと、可能性は無限大だと改めて感じています。 それに、蜃気楼珈琲がある「富士見ヶ丘」という場所にも恵まれました。恩師から紹介してもらった物件でしたが、僕にとって富士見ヶ丘は全く所縁のない土地。それに加え地下の物件(笑)そこにコーヒー屋さんをオープンさせるなんて正直「なしでしょ」と思っていました。

ですが、駅前のカフェで一週間ばかり張り込んで観察すると、落ち着いた街並みにも時間帯によっては活気が溢れることに気づきました。それにコーヒー屋さんは星の数ほどあるので、地下に店舗を構えるだけでもだいぶ差別化になるだろうと考えました。頭を使って色々と考えましたが、最終的な決め手はこのスナックの雰囲気でした。 今では、地域の人にも大いに支えられています。蜃気楼珈琲が街のプラットフォームになれば嬉しいと思っています。 蜃気楼珈琲集団について気になることや田上さんにお聞きしたいことがあれば、お気軽にコメントください!次回は、田上さんのバックグラウンドとこれからについて。お楽しみに!

< 田上凛太朗 >

1992年生まれ。大学時代コーヒーとは全く無縁だったが、留学先のシアトルで飲んだカフェラテに衝撃を受け、その経験が忘れられず帰国後はバリスタになる。卒業後は大手保険会社への道には進まず、コーヒーの道へ。バリスタとして働きながら、実店舗を持たないファントムコーヒーロースターズ「Barista Base」の立ち上げやシェアリングコーヒースタンド「蜃気楼珈琲集団」の代表を務めるなど、起業家としての顔を持ち、今も精力的に活動を行っている。

< BARISTA BASE >

実店舗を持たないポップアップ専門のファントムコーヒーロースターズ

< 蜃気楼珈琲集団 >

日替わりで店主が変わるシェアリングコーヒーショップ 東京都杉並区高井戸西2-10-9 地下スナック街の一室 富士見ヶ丘駅徒歩2分

A cup of KOHII with Love (執筆:Seiya、撮影:Snimakou)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!

コンテンツで紹介したショップ