KOHII
定番から最新商品まで。ケトル3種水流コントロール比較

Knowledge

定番から最新商品まで。ケトル3種水流コントロール比較

ハンドドリップを始めたら、自然とこだわりたくなるのがドリップケトル。ハンドドリップでは細く一定のリズムでお湯を注ぐ必要があるため、一般的なヤカンとは違い、グースネックと呼ばれる細長くカーブを描いた注ぎ口を持っています。 温度や挽き目に並んで、お湯の注ぎ方や速度もコーヒーの味を決める大切な要素。狙い通り、思い通りに注ぎをコントロールできれば、自分だけの理想の一杯により近づけます。 とはいえ、実際に使ってみないとどれが良いのかわからないのがケトル選びのネック。そこで今回は、定番のHARIO、一生もののタカヒロ、話題の新星FELLOWの、気になる3種のケトルを比べてご紹介します。

注ぎ口・水流コントロール比較

3つのケトルのスパウトを並べて比べてみると、こんな感じ。

左端のタカヒロ雫がやはり段違いに細く、先も細めに尖っています。対して右端のHARIO Buonoは丸く太めのスパウトで、FELLOW Staggは2者の中間、といったところ。それぞれのケトルで、勢いよく太めに注いだ時と、ゆっくり細く注いだ時の水流を比べてみました。

1)HARIO V60 Buono(ヴォーノ)

先があまり尖っていないこともあり、点滴抽出までは難しいかも?という印象のBuono。ですが、かなり細めまで調節することができ、同じシリーズのV60ドリッパーは落ちる速度が速く、クリーンな抽出が特徴であることを考えれば、Buonoはある程度のリズムと速度が求められるV60抽出に理想的な水流の範囲をしっかりカバーしていると言えます。 とにかく重心のバランスもよく軽量で扱いやすいのがポイント。太めにも注げるので、日常の色々な場面でも不自由なく使えます。

2. タカヒロ コーヒーポット雫

スパウトが細いため、目一杯注いでも、水流は細め。お茶や料理などハンドドリップ以外の用途にも使いたい人には、少し使いづらいと感じることもあるかもしれません。

タカヒロ雫が本領を発揮するのはもちろん、極限まで細く注ぎたい時。 まさに1滴ずつ、雫が落ちるように優しく細く注げます。

注ぎ口の処理や角度が甘いスパウトだと、細く注いだときにボタボタと水流が大きな塊になって途切れてしまいます。 お湯がコーヒー粉の層の表面に強く当たって落ちることでえぐれたように穴が空いてしまい、均一な抽出やクリーンな味わいの妨げになることも。 タカヒロのように、細く、注ぎ口からスーッと伸びていくように流れ、更に絞れば水滴が連続し、ビーズの首飾りがするすると解けていくように落ちるのが理想的です。

3. FELLOW Stagg(スタッグ)EKG

太めから細めまで、十分にコントロールできるという印象のStagg。タカヒロに比べると点滴抽出向きという意味ではほんの一歩及ばずですが、一滴ずつ落とすことは可能。長く持っていると少し重いかな?と感じるのと、熱源部分が底にあるためバランスが一般的なケトルと少し違いますが、慣れると問題なく扱えます。色々な用途にも使いやすく温度設定もできるので、キッチンにはこのケトルが1台あれば完成、と言っても過言ではなさそう。新色のホワイトは近日発売予定とのことです。

まとめ

筆者がハンドドリップを始めたばかりの頃、「ヤカンによってそんなに注ぎやすさって変わるのかな?」と半信半疑でBuonoを買い、あまりの注ぎやすさに、これが水流をコントロールするということか!と驚いたのを覚えています。今では、コーヒーを蒸らしている間立ちのぼる香りをかぎながら、どんな風に注げばこの美味しさが引き出せるかな?と考えるのがお気に入りの時間です。 温度や挽き目など、機械で調整できるポイントがしっかりおさえられたら、まさに自分の腕一本で勝負、の水流コントロールを極めてみませんか? A cup of KOHII with love (編集:Aya)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!