KOHII
ペーパーフィルター、メタルフィルター、どう選ぶ?

Knowledge

ペーパーフィルター、メタルフィルター、どう選ぶ?

「メタルフィルター」と聞いて、ピンとくる方はいらっしゃるでしょうか?それとも、すでにドリッパー選びの段階で、ペーパーフィルターを使うドリッパーかメタルフィルターにするかで迷っている・・・という方もいらっしゃるかもしれません。 普段あまり見かけないメタルフィルターですが、実は身近な存在。例えば、フレンチプレスやエスプレッソはメタルフィルターなんです。その他にも、ハンドドリップ用のメタルフィルターも色々な商品が販売されています。 今回は、ペーパーフィルターとメタルフィルターそれぞれの特徴と、どう味わいに影響があるのか?をご紹介します。

ペーパーフィルター

・雑味が少なくすっきりした抽出 ・形状や素材を変えて色々試せる ・後片付けが簡単

目の細かい紙でできた濾過紙で、安価で手に入りやすく、最も一般的に使用されているペーパーフィルター。ハリオV60などのドリッパーに使う円錐形、台形、ウェーブフィルターなど、ドリッパーの形状に合わせた形・サイズのフィルターが販売されています。

濾紙が油分や微粉をキャッチするため、コーヒーの出来上がりは透明感があり、軽くすっきりとした味わいに。酸味も明るく表現されるのが特徴です。 ORIGAMIドリッパーやTORCHのマウンテンドリッパーなど、一つのドリッパーが円錐形とウェーブフィルターどちらにも対応しているものも。使い分けると、それぞれ違った味わいが楽しめます。その他にも、ペーパーフィルターは素材や質感によっても味が変わると言われている奥深い世界。浅煎り用、深煎り用とコーヒーに合わせて使い分けるフィルターもあります。単価も安いので、色々と変えて試してみるのも楽しいですね。

使い終われば、コーヒー粉ごとドリッパーから外してゴミ箱に捨てたり、コンポストに入れたり。粉が散らばったりドリッパーに残ったりしないので、洗い物も簡単です。

メタルフィルター

・コクがあり豊かな味わいの抽出 ・匂い移りの心配がない ・繰り返し使えるので環境にやさしく経済的

メッシュ構造の金属でできたフィルターで、微粉やコーヒーの油分を通すため、コクの豊かなコーヒーが抽出されます。やや濁ったコーヒーが抽出され、同じコーヒーでも、ペーパーに比べるとぐんとコクがでて舌触りもとてもまろやか。 コーヒーオイルと呼ばれるコーヒーの油分は、アロマを作り出す主要な要素。コーヒーオイルによって表現される香味は800種類以上とも言われています。ブルーベリーやローズなど、このオイルがペーパーなどで取り除かれてしまうと感じられない香りもあるそう。 また、油分や微粉によって舌触りが変わるのと同時に、フレーバー、特に酸の感じ方に変化がでます。よく言えば酸味がまろやかに、悪く言えば明瞭度がやや下がる印象。また、挽き目によりますが、マグの底に微粉が沈むため、最後まで飲み切るとざらつきを感じることも。

初期投資としてはやや高いかも?と感じるメタルフィルターですが、洗って繰り返し使用できるため、ペーパーフィルターを長期間買い続けるのに比べると経済的。紙ごみが出ないので、環境にも優しいのが嬉しいですね! 筆者が初めて大阪のタカムラコーヒーロースターズさんを訪問したとき、ドリップコーヒーの抽出方法を選ばせてもらえたので、試しに同じコーヒーをメタルフィルターとペーパーフィルターで飲み比べしてみることにしました。その味わいの違いにはびっくり!ペーパー抽出のジューシーな美味しさはもちろん、メタル抽出の口いっぱいに広がるアロマの渦と豊かなコクにすっかり感激し、思わずその場でメタルフィルターを購入して帰路についたのでした。それ以来、自宅でも同じコーヒーを同じ条件でフィルターだけを変えて抽出し、飲み比べて楽しんでいます。みなさんもぜひ、いつものコーヒーの知らなかった一面を色々なフィルターで見つけてみませんか? a cup of KOHII with love (編集者:Aya)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!