KOHII
巷で流行っているコーヒー焼酎

Knowledge

巷で流行っているコーヒー焼酎

コーヒー好きな人はお酒も好きな人が多い印象です。どちらも奥深い世界で魅力に溢れていますよね。最近ではコーヒーとお酒を組み合わせたドリンクを街のお店でもよく見かけるようになりました。 今回はコーヒーと焼酎を組み合わせた「コーヒー焼酎」についてご紹介します。 コーヒーの香りと焼酎の旨味を同時に楽しめるので、好きな人にはたまらない一杯だと思います! 作り方についてもご紹介するので、是非おうちでも試してみてくださいね。

コーヒー焼酎とは

コーヒーと焼酎は意外な組み合わせのように思いますが、実はコーヒーとアルコールは相性抜群。最近だと「アイリッシュコーヒー」も街のコーヒー屋さんで見かけることがありますが、こちらもコーヒーとウィスキーの組み合わせたホットカクテルになります。コーヒーとアルコールを組み合わせたドリンクは昔から親しまれてきたのです。 最近ではコーヒー焼酎を取り扱うコーヒー屋さんやバー、居酒屋が増えています。そこで味を知って魅力に気づき、ハマってしまう人も少なくないようです。 コーヒー焼酎は簡単に作れる上、様々なアレンジレシピが存在するので多様な楽しみ方ができるようです。

作り方とアレンジ方法

< 必要なもの > ・焼酎 ・コーヒー豆 ・浸けて置く入れ物 作り方はとても簡単で、焼酎100mlに対してコーヒー豆を10g程度用意し、浸け置きできるものに入れておくだけ。お好みで3〜10日間ほど浸けておけば美味しいコーヒー焼酎の完成です。 浸けはじめはコーヒー豆は焼酎に浮いてしまいますが、次第にコーヒー豆が水分を吸って、少しずつ沈んで行くのでご安心ください。 また、豆が沈んだ3日目あたりに一度味見をしてみましょう。その段階で自分好みの味なら完成、もう少しコーヒー感が欲しいと思ったらそのまま漬け込む期間を調整してみてください。 しかし、あまりにも漬け込みすぎるとコーヒーの味が強く出過ぎてしまうので注意が必要です。今回はコーヒー豆のままの仕込み方法をご紹介しましたが、コーヒー豆を挽いた状態でもコーヒー焼酎を作ることができます。 その場合でも、焼酎100mlに対してコーヒー豆は10gというレシピは変わりません。挽いた状態で焼酎に漬けこみ、色づいてきたらコーヒーフィルターでこしてください。 この時使用するコーヒー豆は「深煎り」がオススメです。深煎りの方がお酒の旨味に負けず、コーヒーの風味を強く感じられるので是非試してみてください! コーヒー焼酎は焼酎本来の味や香りに加えて、コーヒーの風味もしっかりとしているので、アレンジも非常にしやすいのです。 オススメはロックやソーダ割り、牛乳割りなど、様々な飲み方で楽しむことができるので、自分好みのカスタマイズを見つけてみてくださいね。 「お酒に詳しくない」という方もご安心ください!コーヒーに合う焼酎についてもご紹介します。

コーヒー焼酎に適した焼酎

お酒なので好みにもよりますが、初めて作る方にオススメなのが「甲類焼酎」。甲類焼酎は糖蜜やトウモロシなどを連続式蒸留した原酒に水を加えて造った焼酎なので、クセがなく飲みやすいのが特徴です。 ナチュラルなコーヒー焼酎に仕上げてくれるのでオススメですよ。焼酎と言っても芋焼酎やむぎ焼酎など、様々な種類があります。独特な香りがあるものもありますが、飲み慣れてきたら他の焼酎で試してみてもいいかもしれません。 もちろん、コーヒー豆を変えるだけでも味はだいぶ変わるので是非色々と試して、自分好みの味を見つけてみましょう!

最後に

今回は巷で流行っているコーヒー焼酎についてご紹介しました。 作り方も簡単なので、おうちでも気軽に試せそうですよね。コーヒーやお酒のプロが作るコーヒー焼酎は格別なので、まだ飲んだことがない方は是非お店でも飲んでみてください。 また、神戸にあるBEYOND COFFEE ROASTERSではコーヒーリキュールを販売しています。スペシャルティコーヒーをふんだんに漬け込み、風味特性がしっかりと感じられるオリジナルのリキュールで、ストレートやロック、ソーダ割りはもちろん、ミルク割りやアイスにかけてもオススメとのことなので是非。 コーヒー焼酎はコーヒーの香りが華やかで口当たりも滑らか、そしてさらっとした印象で非常に飲みやすいお酒です。最近は居酒屋さんでも飲めたりするので、飲みすぎないように注意してくださいね。 豆と焼酎の組み合わせは数えきれないほどです。是非試しながら自分好みのコーヒー焼酎を見つけてみてください! A cup of KOHII with Love (執筆:Seiya)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!