KOHII
最高の一杯に出会うためのコーヒー豆の「選び方」について

Knowledge

最高の一杯に出会うためのコーヒー豆の「選び方」について

皆さんは、おうちでコーヒーを淹れていますか?ここ数年で、コーヒーを淹れ始めた方も多いのではないでしょうか。自分でコーヒーを淹れるようになってから、コーヒーの楽しみ方がさらに広がったのを覚えています。 自分で淹れることに興味はあるけど、なかなか始められずにいる方も多いですよね。なかには、自分で淹れると美味しくない、なんて思っている方もいます。それは非常に勿体ないことです!自分で淹れたコーヒーは、なんだか愛おしく、愛着が湧いてしまうもの。意外と美味しく感じてしまうものですよ。是非、おうちでコーヒーを淹れてみてください。 自分でコーヒーを淹れるとなると様々な問題が出てきます。その1つが「コーヒー豆の選び方」についてです。自分の好みが分からない、そもそも買い方が分からないなんて方も多いはずです。今回は、自分に合った最高の一杯に出会えるように、どのようにしてコーヒー豆を選べばいいのかをご紹介していきたいと思います。

自分に合ったコーヒー豆を選ぶ際の4つの「基準」

①味

1つ目は、自分好みの「味」に合わせて選ぶ買い方です。一番スタンダードな買い方と言ってもいいでしょう。自分の好みが分からないなんて方もいるはずです。 安心してください。最初は自分の好みが分からないものです。自分の好みを知るためには、いろんなコーヒーを飲み比べる必要があります。意識して飲み比べているうちに、自分の好みがクリアになっていきます。 深入りのコーヒーが好きなのか、それとも浅煎りのコーヒーが好きなのか、徐々に自分の好みがクリアになってくるその過程をぜひ楽しんでみてください KOHIIアプリでは、AIがユーザーの嗜好を解析し、全国のパートナーロースター(現在12店)が提供するスペシャルティコーヒー豆の中から自動選定し、お届けするサブスクリプションがあります。お店に行くのが少し勇気のいる方には、まずはアプリから新しいロースターと豆との出会いを体感してみるのはいかがでしょうか? 自分にとってのスタンダードなコーヒーを知ることができれば、選び方も広がり、さらにコーヒーを楽しむことができます。誰しもが通る道なので、焦らず、楽しみながら見つけてみてくださいね。

②価格

2つ目は、コーヒー豆の「価格」を参考にして選ぶ買い方です。当然ですが、価格が高いからといって、美味しいコーヒーであるとは限りません。とはいえ、コーヒーも嗜好品。価格を参考にして選ぶ方が多いはずです。 この選び方で重要なのが、なぜその価格なのか?ということです。価格設定の理由が明確であれば、その価格を参考にしても大丈夫です。というのも高いコーヒー豆でも理由は様々あるからです。品質審査会で受賞したからなのか、希少なコーヒー豆だからなのか、それとも気候等の関係で一時的に値段が高騰しているのか、などなど。 理由を見れば「価格」が美味しさを保証するものではないことが明らかです。価格を基準にする場合はなぜその価格なのか?を意識してコーヒー豆を選ぶようにしてみてください。自分の価値観に基づいて、無理なくコーヒーを楽しんでくださいね。

③ライフスタイル

3つ目は、自分の「ライフスタイル」に合わせて選ぶ買い方です。皆さんはどんな時にコーヒーを飲んでいますか?朝の目覚めの一杯や日中に一息つきたい時、または、1日を締めくくる時などなど。コーヒーは様々なシーンで、私たちの日常を支えてくれています。 朝の目覚めの一杯となれば、喫茶店で出てくるようなコーヒーオイル全開のブラックコーヒーなんていかがでしょうか。優雅な休日を過ごしたいのであれば、浅煎りでティーライクなコーヒーを飲むのもいいですよね。夜だとカフェインを気にする方も多いので、ディカフェのコーヒーがオススメです。 どんな時にコーヒーを飲むのかでコーヒー豆を選ぶことができます。お店の人に飲むシーンを伝えるだけでも、あなたにピッタリなコーヒー豆を選んでくれるはずです。気軽に尋ねてみましょう。

④応援

最後は、自分が「応援したい」と思う人やブランドから選ぶ買い方です。私は味、価格、ライフスタイルの全てを経験し、この買い方に行き着きました。既にお気に入りのカフェでコーヒー豆を買っているなんて方も多いはずです。それは、そこで働く人やお店を「応援したい」という気持ちがあるからではないでしょうか。コーヒーに美味しさだけを求めてしまえば、どこのコーヒー豆を買ってもいいでしょう。筆者は、コーヒーと向き合っていくうちに意義がある買い方をしたいと思うようになりました。 皆さんはコーヒー2050年問題をご存知でしょうか。一言で言えば、このままでは近い将来コーヒーが飲めなくなってしまうかもしれないということです。コーヒーは世界各国で大量に消費されています。この需要に応えるべく、多大な労働力と水などの資源が消費されています。現状の仕組みは、けしてサステナブルなものではありません。 近年では、この問題に立ち向かうブランドが数々と誕生しています。私は、農法から見直し、環境負荷の軽減を追求するOverview Coffeeさんのコーヒー豆を買うようにしています。喜ぶ人が多い選択肢を取れるとなんだか自分も満たされた気分になりますよね。他にも、コーヒ業界を救おうとする素敵なブランドがたくさんあります。これを機に調べてみるのも面白いと思います。たまには、遠い誰かの笑顔を想い浮かべながら、コーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後に

今回は、自分に合ったコーヒー豆の選び方について、何を「基準」にして選べばいいのかをご紹介しました。いかがだったでしょうか?今回は、4つの基準をご紹介しましたが、選び方は無限大です。是非、自分に合ったコーヒー豆を自分の価値観に基づいて選んでみてください。コーヒーと向き合えば、向き合うほどコーヒーはあなたに心を開いてくれます。皆さんが自分にとってベストなコーヒーに出会えることを願っています! A cup of KOHII with love (編集:Seiya)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!