KOHII
ロースターの看板を背負ってる気持ちで

Meets

ロースターの看板を背負ってる気持ちで

コーヒーと真正面から向き合い、業界の前線を走るバリスタさんたち。その姿をKOHIIの若手クリエーターたちからコラム形式でお届けする企画です。 日本でスペシャルティコーヒーの人気店を立ち上げてきた黄金世代から最近お店に立ち始めた新世代まで、コーヒーを通してバリスタさんのキャリアストーリーを見つめたり、今後の展望について伺っていきます。 コーヒーLOVERならではのお話やバリスタという職業の魅力など、直接会いに行けなくても、ワクワクできるような出会いをこの企画でお楽しみいただけると嬉しいです。 岩井俊樹:BERTH COFFEEカフェ責任者/アドバイザー/バリスタ By KOHII Creator@Saori K= KOHII、I=岩井さん

今回のゲストは、BERTH COFFEEの岩井俊樹さん。 馬喰町駅から歩いて5分。オフィスが建ち並ぶ大通りを1本入ると見えてくる、ホステルCITAN(シタン) の1階エントランスにコーヒースタンドBERTH COFFEEはあります。コーヒーの魅力を積極的に伝えていきたいという想いから、CITANから独立したブランドを立ち上げたそうです。 BERTH COFFEEを立ち上げるまでの岩井さんのライフストーリーや、会社のカフェアドバイザーという立場ならではの悩みややりがいを、赤裸々にお話いただきました。

K:最近お気に入りの豆や器具があれば教えてください。 I:自分の中でエチオピアへのブームが戻ってきています!コーヒーを好きになったきっかけも、ONIBUS COFFEEのエチオピアでした。エチオピアって個性が強いので、美味しいけど…!という部分が正直あったのですが、数年経って自分で焙煎もするようになってからはその奥深さを再認識して、最近また好きになってきました。

あとは、少し前に友達からコマンダンテという手挽きミルを頂いたんです。そしたら家でもお店に近い味を抽出できるようになって、コーヒーがとっても楽しくなりました!ちょっと高いのですが、買う価値ありです。

K:コーヒーを淹れるとき、大切にしていることはありますか? I:今年からBERTH COFFEEで自家焙煎も始めたのですが、それまではONIBUS COFFEEさんだったり、全国の色んなロースターさんの豆を使っていました。豆の特徴を出すことも大切にしつつ、ロースターさんの看板を背負っている気持ちで、ロースターさんが届けたいポイントを意識して抽出するようにしていました。 K:お客さんとのコミュケーションで大切していることはありますか? I:距離感を大事にしています。うちの会社では、“お客様”と言わずさん付けで呼ぶことが多いんです。人と人として同じ目線で話すことをずっと大事にしています。なので、遠すぎず近すぎずな距離感でコミュニケーションができるように、お客さんに合わせて言葉遣いを変えたり、話すタイミングを増やしたり減らしたりしていますね。

K:コーヒー業界に入ったきっかけは何ですか? I:僕は、新卒で大手カフェチェーンに入りました。学生時代バイトをしていた飲食店の店長が素敵な方だったことを思い出して、将来お店を持ちたいと思い軽い気持ちで入ったんです。 入社した店舗は価格帯が安い分回転数を上げなければいけない業態で、最初に配属された新宿店は1日1,500人くらいお客さんが来る店舗でした。1人に対して30秒くらいしかコミュニケーションを取れない日々で、日に日にもっと自分を生かした働き方とコーヒーを突き詰めたいという思いが強くなっていきました。 求人サイトを見たり、仕事終わりや休みの日にお店に行って、求人してますか?と話しに行ったり。並行して、知識を深めるためにONIBUS COFFEEさんやOBSCURA COFFEE ROATERSさんが始めたパブリックカッピングに通ったりしていました。そこで、ONIBUS COFFEEの坂尾さんに蔵前にあるNui.のことを教えてもらいました。ちょうどNui.のカフェをサポートし始めて下さった頃だったと思います。

もう1つ奇遇なことがあったんです。ずっと読んでいたブログがあって、コーヒーの移動販売をやっているサンシャインステイトエスプレッソの方だったのですが、彼らがついに本所吾妻橋に実店舗を持ったということだったので行ってみたんです。色々お話しさせてもらって、そこでもどこかで募集がないか聞いてみたら、また、Nui.はどう?と教えてもらったんです。2回もオススメがあったので、ついにNui.に足を運んでみることにしました。 BERTH COFFEEについて気になることや岩井さんにお聞きしたいことがあれば、お気軽にコメントください!次回は、Nui.に入ってから今の立場に至るまでのライフストーリーについて。お楽しみに!

<BERTH COFFEE>

A cup of KOHII with Love (執筆・編集:Saori, Shimakou)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!