KOHII
Vol.11 KOHII求めて京都まで

Journal

Vol.11 KOHII求めて京都まで

ちょっとコーヒー巡りをしませんか?行き交う人々、流れていく時間を見て感じながら、飲むコーヒーが絶妙に美味しいと思う僕たちは、いつもコーヒーで繋がる街を歩くKOHII Walkersです。気の向くまま、コーヒーのアロマに溢れる街、それぞれコーヒーを楽しむ人々との出会いを独自の目線で写真ストーリーに記録し、ここでシェアします。 こうして同じ写真でコーヒー、ヒト、マチの関連性を描く人と繋がりたい、日本各地のKOHII仲間と一緒にコーヒーの魅力を広げていきたいです。 Shimakou, KOHII Walker@Kyoto

@COYOTE

月日を遡ること7月末、急遽KOHIIメンバーに初めて会いに京都へ。 朝早く起き、急いで東京駅へ。出発ギリギリに間に合い席に座り、大量の汗を拭く。

新幹線の醍醐味はスマホをひたすら触るのではなく、移りゆく景色をひたすら眺めるに尽きると思います。2時間ひたすら外を眺め、シャッターを切っていました。 京都に着くと、東京とはまた違った暑さが僕を待っていました。 1日・2日目はひたすら仕事に専念し、3日目にCOYOTEさんへ。

エルサルバドルのコーヒーといえば、COYOTEさん。京都に来た際は絶対訪れたいと思っていました。 僕がいただいたのは、Antonio Ticas。オレンジの花のような爽やかさの中に、しっかりと甘さがある1品。これが本当に美味しかった。 また、生産者のお名前や豆にかけた思いをカードを通して拝見できるのがまた良かったです。 実際の味の特徴が書かれていることで、味の違いをしっかり感じ取れることができます。

また、生産者の思いが端的且つわかりやすく記載されていることにより、初めて来られた方や、コーヒーに興味を持ちたい方に、コーヒーの魅力をしっかりとお伝えすることができるのが、素敵だなと感じました。 普段、朝から深煎りコーヒーを飲む僕ですが、朝の1杯の選択肢を増やし、エルサルバドルのコーヒーの魅力、スペシャルティコーヒーの可能性の大きさを実感することができました。 何と言っても、ガラス張りというところも良かった。通学・通勤する人の流れを見ながら、コーヒーを飲む。朝早くからオープンされていることもあり、通勤の前にテイクアウトしたり、店内で一休憩するのもありだと思います。

@blend kyoto

最終日、CTOがオススメの場所があると言って、連れてきてくれた場所。 外観は、京都を感じさせる佇まい、内装はモノトーンでシックな印象。 かっこいい以外の言葉が思いつきませんでした。 常連のお客様と一緒に楽しくお話をしながら、コーヒーを淹れる。 初対面でも、明るく気さくに話をしてくださった、オーナー兼バリスタの奥井さんの人柄に魅了され、コーヒーを待っていました。

待つこと5分、今回いただいたのはcolombia el paraiso double anaerobic washedとethiopia hambela wamenaのブレンドコーヒー 。このコーヒーで僕はblend kyotoの大ファンになりました。

見た目は、コーヒーなのはもちろんですが、味が普段飲むコーヒーの味ではないんです。 コーヒーの味が全くしないというわけではないのですが、一口目に最初に入ってきたのが、 桃の風味でした。思わず声をあげて驚きました。 またコーヒーの程よい酸味と、桃の甘い香りが絶妙にマッチしていて本当に美味しかったです。男女問わず、コーヒーが苦手だという方にも是非飲んでほしい1品。

酷暑の中、ひたすら歩き続けた先で、美味しいアイスコーヒーをいただく。 旅の醍醐味を思う存分堪能した4日間でした。

4日間の京都滞在で感じたことは、人混みを避け、美味しいコーヒーを飲むことはできるということです。それはテイクアウトをして、広い公園の木陰で飲むこと、気になるロースターのコーヒー豆をオンラインショップで購入し、家でケーキと一緒に食べることもできます。 コーヒーは、普段何気ない日常の中できっかけや、発見を与えてくれます。 僕の中で、朝コーヒーは毎日朝と夜に歯を磨くと同様に、日常の習慣として無くてはならないものになりました。 そして、KOHIIに携わり様々な方々のコーヒー写真を拝見し、それぞれの日常生活に柔軟に溶け込むコーヒの魅力や可能性に感動し、大きな希望を抱きました。 あなたにとってコーヒーとは、どういうものですか?\是非、KOHIIアプリ内のスナップ機能やコメント機能を活用して、素敵なKOHII Momentをシェアしてみませんか? 次回Vol.12もお楽しみに!☕️

<今日のKOHIIコース>

<About Shimakou>

KOHIIでフォトグラファーをしているShimakouが現在、全国のカフェ・コーヒースタンドの情報はもちろん、独自の目線で東京の1面を切りとった写真をInstagramで配信しています。KOHII Walkersでは東京を中心に様々なアーティストを交え、コーヒーと街のストーリーを写真の魅力とともにお届けします。

A cup of KOHII with Love (執筆・編集:Shimakou)

コメント