KOHII
コーヒー愛好家が行き着く「ネルドリップ」の魅力とは

Knowledge

コーヒー愛好家が行き着く「ネルドリップ」の魅力とは

コーヒー愛好家から根強い人気があるネルドリップ。抽出方法として淹れる奥深さもあれば、出来上がったコーヒーは他では出せない、独特の奥深い味わいが感じられたりします。 今回は、ネルドリップをはじめたいと思っている方や、ネルドリップのコーヒーを飲んでみたいと思っている方に、ネルドリップの特徴や魅力をたっぷりとご紹介していきたいと思います!

ネルドリップとは

ネルドリップとは「ネル」と呼ばれる布製のフィルターを使ってコーヒーを抽出する方法です。実はネルドリップは昔から行われてきた歴史あるコーヒーの淹れ方です。 昔は、大きなネルを使用して一気に大量のコーヒーをドリップしていました。 ただし、この方法では淹れたコーヒーが冷めてしまうので、フレンチプレスやペーパードリップなどの少量で抽出する方法が発達していったのです。

どんな味がするの?

ネルドリップのコーヒーは、滑らかで口当たりが良いのが特徴。ほのかな甘味も感じられ、ほどよいコーヒーオイルと複雑な味わいがコーヒー好きにはたまらない味わいに抽出されます。 フィルターを通すので雑味をおさえられるのはもちろんのこと、目が粗いのでコーヒーの油分はフィルターを通過して抽出することができるのです。結果として、雑味をなくし美味しい部分だけをドリップできます。 飲みごたえがあり、ほんのりとした甘みがあるのがネルドリップ特有の味わいです。

ネルドリップの淹れ方

まず、淹れるために必要なものは以下の通りです。 ・ネル ・ハンドル(ネルを装着するもの) ・サーバー ・ケトル(専用の注ぎ口が細長いものが使いやすい) ・コーヒー豆(1杯あたり20g程度) ・熱湯 ネルを未使用の場合は準備が必要です。まず、ぬるま湯でしっかりと表面を洗い流します。その後、水をいれた鍋にコーヒー粉を少量入れて沸騰させ、ネルを20分ほど煮込んでください。煮込んだらコーヒー粉が取れるまで冷水で洗い、コーヒーの成分がなじんだらようやくドリップに使うことができます。 ネルの準備ができたら淹れる手順は以下の通りです。

<手順1>

ネルに一度お湯を通して固く絞ります。起毛を内側にしてシワを伸ばし、ハンドルにセットします。

<手順2>

コーヒー豆をネルドリップに入れます。

<手順3>

お湯を中心から外側に向かって円を描くように注ぎます。 コーヒー粉全体にお湯をかけたら20秒ほど待って蒸らします。その間に粉が膨らんできます。

<手順4>

粉の膨らみが止まったら、2回めのお湯を注ぎます。 ここから先はお湯が完全に落ちきる前にお湯を追加していきます。4〜5回に分けてお湯を注いでいきましょう。

<手順5>

適量を注ぎ終わったらネルをサーバーから外します。 ぽたぽたと垂れるしずくには雑味が入っているので、受け皿を使ってできるだけ入らないようにしましょう。

淹れたあとのネルの手入れの仕方

ネルドリップでコーヒーを淹れたあとはネルを適切に保存しましょう。使用後はネルをもみ洗いします。このとき、絶対に洗剤を使ってはいけません。洗剤を使ってしまうと成分がネルに染み付き、今後淹れるコーヒーの味に影響が出てしまうので気をつけましょう。 洗い終わったら、ネルを水に浸して密閉容器にいれて冷蔵庫で保存します。できれば、水は毎日交換するのがベストです。ネルを長期間使用しない時は冷凍庫に保管すれば問題ありません。再度使うときはお湯をかけて温めて解凍すればつかえます。ネルの起毛がなくなってきたら、新しいネルに変える交換のサインです。

ネルドリップの魅力

ネルドリップの魅力は「手間」をかけて抽出する事です。紙製のフィルターであれば「使い捨てができる」という手軽さから、60年代以降は、ペーパードリップが浸透していきました。一方でネルドリップは、ネルを繰り返し使用する事から、水洗いや保管に手間がかかるため少数派になってきました。 しかし、その「手間」こそが「おいしさの秘訣」として、一部のコーヒー愛好家から支持を得ています。手間をかけてドリップをする事で得られる味わいは、ペーパードリップとはまた異なった趣があります。また、ネルドリップ特有の「滑らかな舌触り」と甘みのある味わいは、そのコーヒー豆の魅力を最大限抽出できるとして、あえてネルドリップでコーヒーを淹れ続ける人も多いのです。

最後に

ネルドリップは手間がかかりますが、その手間が愛おしく、かかった分だけ美味しさは倍増します。ぜひ、丁寧にネルドリップをする過程も楽しんでくださいね。 また、ネルドリップで抽出するのは大変そうだけど、一度味わってみたいという方はカフェにいってみてはどうでしょうか。チェーン店でも、個人で経営している喫茶店やカフェでネルドリップを採用しているところもあるので、ぜひ調べて試してみてください。 私は「珈琲11月の雨」のオーナー高橋さんが淹れてくれたネルドリップのコーヒーがお気に入りです。珈琲11月の雨のお店についてやオーナーである高橋さんについての記事がKOHIIで配信されているので、気になる方はこちらも是非ご覧ください。 A cup of KOHII with love (執筆: Seiya)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!