KOHII
一杯のコーヒーには余裕がない - コーヒーの2050年問題 -

Knowledge

一杯のコーヒーには余裕がない - コーヒーの2050年問題 -

朝起きた後の目覚めのために一杯、どこか体がだるい午後、食後の眠気が押し寄せてくるときに一杯。私たちは、日常の中で様々な瞬間にコーヒーを求めます。しかし今、飲んでいるコーヒーが地球上の最後の一杯だとすれば、あなたはどうしますか? 今回のKuriosityでは、コーヒーをめぐる2050年問題について取り上げます。 コーヒーを簡単に手に入れることができる今の私たちにとっては、あまり響かない話のようですが、30年後もコーヒーを飲むためには、多大な努力を傾けなければいけないかもしれません。 実は2050年になると、コーヒーを栽培できる土地が半分に縮小される可能性があります。ワールドコーヒーリサーチ(World Coffee Research)は、コーヒーを脅かす要素として、気候変動、低収穫、病気や害虫、品質低下の4つのトピックを挙げました。この中で、特に注目すべきトピックは気候変動。

様々な農作物の中でもコーヒーの木は、気候変動に特に敏感です。コーヒーの栽培には、気候条件として平均気温が20℃で寒暖差が大きく、年間降水量も1,500mm〜1,600mmの間で維持される環境でなければ適していません。 熱帯気候の地域において一定の日照量を必要としますが、日差しが過度に当たってもいけません。土壌も重要で、ミネラルが豊富な火山土壌であると、なおさら良い。このように、コーヒー栽培にはたくさんの環境条件が関わっており、繊細なバランスの上で成り立っているのです。

つまり、気候変動により気象状況が不安定になれば、コーヒーの栽培は困難になります。この難しい条件をクリアした、コーヒー栽培に適しているエリアをコーヒーベルトと呼びます。現在コーヒーベルトは、赤道基準で南緯25度、北緯25度までの地域を指します。コーヒーベルトに属している国は、コーヒーの最大生産国であるブラジルをはじめ、ベトナム、インドネシア、コロンビア、エチオピアなどがあります。 しかし、気候変動が原因でコーヒー栽培に最適な条件が維持されない場合、コーヒーベルトは縮小するかもしれません。気候研究所は、2050年になると、コーヒーベルトの中でも栽培が可能な地域が今の半分に減ると予測し、2080年には、野生のコーヒーがすべて消えるだろうという報告書を出しました。

幸いにも、最近、西アフリカのシエラレオネ地域で、ステノフィラという品種が発見され、10年以内に流通する予定だということです。ステノフィラ種は高温に強く、アラビカ種のように豊かな風味が特徴的で、温暖化が予想される未来のコーヒーの主流品種となる可能性をもっています。 発見されたステノフィラ種のコーヒー豆は、2020年8月にロンドンで行われた国際的な専門家たちのカッピングにおいて、80.25点と採点されスペシャルティ評価を受け、アラビカ種に代わる品種としても、その味を認められています 。

しかし実はステノフィラ種は新しく現れた品種ではないのです。1834年に初めて発見され、20世紀の初めまで栽培されましたが、森林伐採の影響でほとんどが消えてしまった品種だそうです。 つまり、森林伐採が続けば、コーヒーの未来を支えられる品種の存在も危うくなってしまうのです。そのため専門家たちは、今回の発見をきっかけに無分別な伐採を止めるべきと主張しています。

多くの人々がスペシャルティコーヒーに魅了され、その消費量が年々上昇する中、コーヒー生産における2050年問題は刻一刻と現実に迫っています。一杯のコーヒーから余裕を取り戻すためには、一人ひとりができることを今から考える必要があるでしょう。

出典

A cup of KOHII with love (編集:Jongmin)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!