KOHII
幸せの街にコーヒーを

Journal

幸せの街にコーヒーを

KOHII x City は、コーヒーを愛するKOHIIコミュニティメンバーが、世界の色々な街角からスペシャルティコーヒーにまつわる色々を綴るシリーズ。コーヒー片手にストーリーにダイブして、私たちと一緒に旅に出かけましょう!

幸せの街に、コーヒーを:より美味しいコーヒーを求める旅が、もう一つの居場所と人生のリズムを整える

City: Shanghai

国際的な金融ハブ、セレブが集まる社交界ー世界最大規模の都市として、華やかに成長を続ける上海。世界の今を敏感に感じ取る上海では、スペシャルティーコーヒーシーンが熱い注目を浴びています。けれど、煌びやかなトレンドセッターとしての顔を持つ上海っ子たちが本当に求めるものは、これまでとは一味違う様子。本当に自分を幸せにしてくれるものとは?心満たされる豊かさって?そんな疑問への答えは、街角のコーヒーショップで見つかるかもしれません。 KOHIIのコンテンツキュレーターであるRikaさんが、コーヒーを通して見つめた上海の日常を教えてくれました。

Chapter 1

「時間とは、コーヒーの品質にとって競争相手のようなもの。その真価を発揮させるには、コーヒーが木から摘み取られた瞬間から、精製、加工、輸出、焙煎、そして抽出のレースを勝ち抜かなければいけない。」有名店セブンシーズの焙煎士たちが書いたこの言葉で私は、コーヒーと時間とは常に対になって関わり合う、ということに思いを巡らせはじめた。

私の一杯のコーヒーはたいてい、バリスタと軽くおしゃべりをしながらカフェのメニューを眺め、おすすめを教えてもらったりして選ぶところから始まる。それからコーヒーを淹れる様子を観察して、時には味わう前にラテアートの写真を撮るかもしれない。飲んだらおしまいというわけでもないー後から、味わいの余韻を思い出したり、出会ったコーヒーのことを友達に話したりもする。時間はコーヒーとよく混ざり、溶け合う。完璧な一杯を作るのにも、そこにいたるまでのコーヒーの旅路に思いを馳せるのにも、たっぷりの時間が必要だ。その日、その後がどんなに忙しくなろうとも、一杯の美味しいコーヒーには待つだけの価値がある。

コーヒーと幸せの街

2400万人超の人口を抱える上海は、中国で一番大きく、世界でも最大規模の都市に数えられる。上海の強みは、複雑で層の厚い文化資産を誇り高く継承しながらも、それが決して街としての成長を妨げないところだ。国際都市では当たり前となった、小さな生活空間と目まぐるしく変化し続ける社会。日々その重みを肩に感じながらも、私たちは限られた場所と時間を賢く使い暮らすことに慣れてゆき、そうして繰り返す毎日が形づくられる。 最近、コーヒーショップの数が目覚ましい勢いで増えているー 個人経営のブランドや小規模の系列店、そしてスペシャルティコーヒー関連も数えれば、上海には8000を超える店が希少な店舗物件を巡って競い合い、生き残りをかけて成長を続けているらしい。1年と少し前、近所のAlphabets Coffeeというカフェに初めて行った時、創業者の一人があたたかく声をかけてくれた。「将来もしコーヒーのお店を開くことがあれば教えてね。お店のデザインを考えるのを手伝ったり、自分の失敗談から何からなんでもシェアしてあげる。」プロの建築家でありコーヒーに深い情熱を傾ける彼女に比べたら、当時の私はバリスタ養成コースでやっとSCAレベル1を卒業したばかりで、バリスタの友達をもっと作りたいな、なんて思っているところだった。素敵な申し出に胸が熱くなったのを覚えているけれど、その後すぐに、このコーヒーの世界には他の業界とは違って、彼女のように優しい心をもつ人々でいっぱいなのだと知ることになる。

著書 「ハッピーシティ:都市デザインを通して人生を再設計する」で、チャールズ・モンゴメリはこう書いている。「幸せとは、いくつも部屋がある家のことで、その中心には暖炉がある。それを囲む家族、友人、仲間、そして時には全くの他人と共に、自分のもっとも良い所を見つけるのだ。」ある意味で、コーヒーマシンはこの街の中心で暖炉となって、幸せを湧き出させているのかもしれない。毎日家と職場を駆け足で行き来する途中に、コーヒーショップは小さく暖かな一角を用意してくれる。そこで私たちはようやくほっと息をつき、居心地の良い場所で、社会とのつながりは感じたまま心を落ち着かせることができるのだ。目覚ましの一杯だけじゃなく、コーヒーショップは私たちに「もう一つの居場所」をくれる。雰囲気が良くて、あたたかく迎えてくれる場所。コーヒーショップがどんどん増えているその事実こそが、私たちがそんな空間を現在進行形で求めている事の証拠ではないだろうか。コーヒーの香りが開放的な空間に漂い、写真映えのするインテリアやなんでも知っているバリスタを包み込む時、コーヒーショップはゆったりと過ごす時間の価値を教えてくれる。せかせかと人混みを縫い歩く混沌のメガシティ、上海では特に際立つ視点だ。

City: Shanghaiは全3回の連載です。 Chapter 2では、歴史的にも世界中から様々な人や文化が集まり交流してきた上海の、おもてなしのパワーに迫ります。 また次回、Chapter2でお会いしましょう。お楽しみに!

「Coffee connects people — この記事は、私のお気に入りFuglen Tokyoとのカフェインに満ちた関係から生まれました。2020年のパンデミックが引き起こした混沌のなか刊行される春号の一部であるこのストーリーは、オーストラリアのメルボルンから始まり、上海のコーヒーコミュニティとの再会へと成長し、数々の新しい対話と出会いを生んだ、個人的な旅の始まりを記録したものです。」 この記事は、Standart 18号掲載版を基に再編集・翻訳したものです。 A cup of KOHII with love (Special thanks to Aya Tanaka❤️)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!