KOHII
ハワイコナってどんなコーヒー?

Knowledge

ハワイコナってどんなコーヒー?

ハワイの代表的なコーヒー、コナ。耳にしたことはあるけれど、どんなコーヒーかはっきり分からないな…という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、そんなコナコーヒーのあれこれをまとめてみました!

コナコーヒーとは

「ハワイ島の北コナ地区と南コナ地区のフアラライ山とマウナロア山の斜面で栽培されている」コーヒーのことを指します。また、コナコーヒーを名乗るには、「手摘み」であることも条件。そもそもコナ地区の農園の多くが斜面にあることから、収穫用の機械を入れることができず、赤く熟した実だけを一粒一粒丁寧に手で摘んで収穫しています。 また、州政府が厳しい基準を設けており、豆のサイズや水分量などを審査し合格した豆だけをコナコーヒーと認定しています。 生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下の1,000〜1,500トン程度のため、希少価値が非常に高いことも特徴です。タンザニアのキリマンジャロ、ジャマイカのブルーマウンテンと並んで、世界三大コーヒーの一つになっています。

コナコーヒーのはじまり

ハワイの地にコーヒーが伝わったのは1800年代。当時オアフ島の総督だったボギがリオデジャネイロからコーヒー豆の木を持って帰ってきたことがきっかけと言われています。ハワイ島以外にも多くの島でコーヒーの生産が行われた歴史がありますが、虫害をうけて一時は衰退してしまいました。 しかし、コナ地区は虫が適さない環境であったことと、火山灰の影響を受け栄養分が多い豊かな土壌が広がっていたため、ハワイでのコーヒー生産中心地となりました。

味の特徴は?

雑味の少なくすっきりとした酸味が鼻を通ることから、「酸味の女王」とも言われています。 柔らかな酸味もさることながら、なめらかな口当たりも特徴です。香りは甘くフルーティーで、南国のトロピカルな雰囲気を連想させてくれます。後味がさっぱりしているため、最後の一口まで飽きずに楽しめます。

5つの等級

一般的にコーヒー豆はサイズが大きければ大きいほど、完熟度が高く良い味になります。 ハワイコナは、サイズ・色・香り・欠点豆の数など複数の基準から等級が決められており、最高等級は「エクストラファンシー」と呼ばれ、次が「ファンシー」「No.1」「セレクト」「プライム」と5つに分類されます。 コナコーヒーの生産量は1%以下というのは先述の通りですが、その中でも「エクストラファンシー」はコナコーヒーの収穫量の15%程しかないことから、いかに貴重かが分かります。等級が高ければ高いほど、その風味はまろやかで甘みがあります。

幻のピーベリー

この5等級の格付け以外に幻のコナコーヒーと称されるのが「ピーベリー」です。通常コーヒーの実には2粒の豆が入っているのですが、稀に1粒だけ入っていることがあります。こうした希少性の高い豆(コナコーヒー全体の3%ほど)がピーベリーと分類されています。 ピーベリーは密度が濃く、通常の豆よりも栄養素が高い分、通常よりもさらに価格が跳ね上がります。市場にほとんど出回ることの無い幻の「ピーベリー」。ぜひ一度は味わってみたいですね! A cup of KOHII with Love (執筆:Saori)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!