KOHII
コーヒーが育つ貴重なエリア

Knowledge

コーヒーが育つ貴重なエリア

みなさんが普段飲んでいるコーヒーがどこで生産されているか知っていますか? 今回のKuriosityでは、コーヒーノキの栽培に適した地域である「コーヒーベルト」をご紹介します。

4つの生育条件

コーヒーノキは育てるのがとても難しいといわれています。いくつかある条件の中でも特に重要な4つの生育条件として、降雨量、日当たり、気温、土壌があります。

(1)降雨量

コーヒーノキの栽培に必要な降雨量は、年間1500mm ~ 2500mmほどといわれており、それほど多くの雨量を必要としませんが、成長期に雨が多く降り、収穫期に乾燥している、つまり雨季と乾季があることがとても重要です。

(2)日当たり

コーヒーノキは日光を好む植物ですが、日差しが強すぎると弱ってしまいます。そのため、周りに少し背の高い木を植えて日差しを和らげるなどの工夫がとられています。このような背の高い木のことを「シェードツリー」といいます。少し前のKOHII wordでもご紹介しまいたので、そちらもチェックしてみてください。

(3)気温

栽培に適した気温は年平均20度前後とされており、意外にも高すぎず低すぎない気温が好ましいのです。また、コーヒーノキは寒さに弱く、低温が続くと枯れてしまいます。

(4)土壌

肥沃で水はけがよく、弱酸性の土壌が望ましいとされています。生育にはリン、窒素、カリウムが必要であり、これらの成分を多く含む腐植土の量が重要になります。 そのため火山灰質の土壌は水はけがよいだけではなく、これらの成分を豊富に含んでいるため、コーヒーノキの栽培に適していいます。 これらの条件以外にも、いくつもの生育条件があります。また、アラビカ種とロブスタ種でも条件に違いがあります。別のKOHII Columnで詳しくご紹介します。

赤道を挟んで南北25度

これらの生育条件を満たし、コーヒーノキの栽培に適している地域が “赤道を挟んで南北25度” の地域であり、ちょうどベルトのように位置することから「コーヒーベルト」と呼ばれています。コーヒーの主要な産地のほとんどがコーヒーベルトに位置しています。 コーヒーベルトに位置する国々はどこも暑そうなイメージを持たれると思います。インドネシア、エクアドル、コロンビア、ケニア、どこも暑そうです。実際に赤道付近、熱帯雨林気候に属しているこれらの地域の平均気温は、約30度と日本よりも高いです。

なぜ、このような地域なのにデリケートなコーヒーノキが育つのでしょうか? その理由は、生産地の標高です。標高500m ~ 2500mの高地という環境が、4つの生育条件を満たしてくれるのです。

日本産のコーヒー

日本国内のコーヒー生産量は年間で1トンにも満たず、2019年度の国内消費量が45万トン(全日本コーヒー協会, 2020)であることを考えると、とても少ないと感じるではないでしょうか。というのも日本が位置するのは北緯20度から45度であり、本州に至ってはコーヒーベルトから大きく外れており、コーヒーノキが生育するための条件が整っていないからなのです。 国内のコーヒー生産量のほとんどを占めているのが、小笠原諸島と沖縄県であり、これらの地域はコーヒーベルトに位置しています。そのためコーヒーノキが生育するための条件は満たしているものの、耕地面積の狭さや台風といった気象現象などにより安定した生産が難しく、なかなか市場に出回らないのが現状です。

コーヒーベルトとその未来

普段私たちが口にしているコーヒーの多くが、コーヒーベルトに位置する国々からやってきます。こうした地域では、コーヒーノキを栽培する上で必要となる生育条件を満たしており、毎年たくさんのコーヒーが生産されています。

ただ、コーヒーベルトが気候変動を取り巻く環境で変化しているのは間違いありません。森林伐採、干ばつ、菌類、病気などが原因でコーヒー栽培地帯が縮小している傾向にあり、2050年には現在の50%にまで縮小されると予想もあります。現在、各国はコーヒー産業の繁栄を維持するために野生のコーヒー資源を保護する計画を立てています。 今後のKOHII Columnでは、今回触れることのできなかったコーヒーベルトの3つのエリアについて、コーヒーの生育条件、日本産のコーヒー、2050年問題について深掘りしていきます。 A cup of KOHII with Love (執筆:Yusei)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!