KOHII
世界のKOHII News #5

Press

世界のKOHII News #5

高価格のコーヒーはそれだけの価値はあるの?

3種類コーヒーをブラインドで一般のお客様に飲んでもらい、どれが高いコーヒーかを当ててもらうーそんな面白い実験を、シドニーオーストラリアのSeven Miles Coffee RoastersがYouTubeで公開しました。一つ目は$3 (約277円)のコモディティコーヒー。二つ目は$6 (約555円)のシングルオリジンのスペシャルティコーヒー。最後に $25 (2,316円)のマイクロロットのカップスコア90+のコーヒー。 皆さん自信なさそうに試飲しますが、最終的に60%が正しく一番高いコーヒーを言い当て、さらに45%が3種類全てを正しい順番で当てる結果に。50%が一番安いコモディティコーヒーを一番高いコーヒーだと推察しました。動画を担当していたバリスタは、想像していたより多くの人が正しく当てられたことへの驚きとともに、マイクロロットのコーヒーは複雑すぎる、毎日飲むには飽きてしまうという声もやはり多かったことへの理解を示していました。結論としてはコーヒーに正解はない、ということでしょうか。 とはいえ、今まで飲んだことがないコーヒーを飲むことで新しい発見や驚きがあることは間違い無いですね。

Bewista、ウクライナをサポートする限定色ケトルを発売

限定版として発売されたケトルはウクライナの国旗のカラーである青と黄色でデザインされ、手書きのハートのイラストが。収益の100%が、ウクライナや近隣諸国の家庭を現地で支援しているWorld Central KitchenとWorld Vision Ukraine Crisis Responseに寄付される予定で、現在のところはアメリカ向けのみの販売になっているようです。 先日SCAがWorld of Coffeeのイベントの収益100%をウクライナのコーヒービジネスや専門家に寄付すると発表したなど、コーヒー業界でもウクライナへの支援の声が高まっています。

スターバックス年内にもNFTに事業に参入

最近よく耳にするNFT(Non-Fungible Token・ 非代替性トークン)ですが、今週、スターバックスのハワード・シュルツCEOもNFT事業に参入していくことを発表。急成長している市場に参入し、いち早くスターバックスが保持している資産をデジタル化していく重要性に加えて、スターバックスの元々の強みであった「サードプレイス」としての利用がコロナの影響もあり今後少なくなっていくと予想されることから決断した様子。 シュルツ氏は、NFTを含めてスターバックスで働く従業員にも今までにない新しい価値観を提供することの必要性を強調。今後具体的な発表がされるようです。スターバックスの指針に未来のコーヒーショップのあり方のヒントがあるかもしれません。

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!

関連するコンテンツ