KOHII
ライフスタイルそのものを映す、バリスタという仕事

Meets

ライフスタイルそのものを映す、バリスタという仕事

コーヒーと真正面から向き合い、業界の前線を走るバリスタさんたち。その姿をKOHIIの若手クリエーターたちからコラム形式でお届けする新企画です! 日本でスペシャルティコーヒーの人気店を立ち上げてきた黄金世代から、最近お店に立ち始めた新世代まで、コーヒーを通してバリスタさんとのカジュアルな会話を楽しむ前編<バリスタのあれこれ>、ゲストの方のキャリアストーリーを見つめる中編<コーヒーに出会ってから>、今後の展望について伺う後編<これからのコーヒー>。 コーヒーLOVERならではのお話やバリスタという職業の魅力など、直接会いに行けなくても、ワクワクできるような出会いをこの企画でお楽しみいただけると嬉しいです。

本日のゲスト

小田政志 バリスタ / コーヒーコンサルタント / Founder of Swim 本文中 K=KOHII、O=小田さん

私がよく行くカフェNo.(東京・代々木上原)にロースターとして豆を卸し、バリスタとしてコーヒーの味を監修している小田政志さん。この企画で、一番最初にお話を伺いたかった方です。 今回は、小田さんが立ち上げたブランドSwimの焙煎所でお話を伺わせていただくことにしました。

1階には大きな焙煎機や作業台、そして小田さんのお気に入りだというオーディオセットも。どこかレトロな空気が流れていて、初めて行くのにとても心地のいい空間でした。

2階のオフィスで、小田さんに淹れていただいたコーヒーを飲みながらお話を伺いました K:コーヒーを淹れるときに大切にしていることはありますか? O:いやな味が出ないようにしていますね。出ちゃうときもあるんですけど、それを出ないようにどうするかを試行錯誤しています。苦味・渋み・酸味・あと青臭さ。最近の焙煎の傾向では、最初は美味しいけど、すこし経つと青臭さがでる場合があるから、それが出ないよう工夫していますね。

K:最近はまっている豆や淹れ方、器具はありますか? O:ドリッパーだとHARIOのSwitchとか使いやすくて、良いですよ。家庭でもいろいろ可能性が広がる器具なので、おすすめです。

K:小田さんにとってバリスタはどんなお仕事ですか? O:タレント性のある仕事だと思います。特に前はそうだったと思うんですけど、「この人がいるからコーヒーを飲みに行きたい」って思われるバリスタがいいなと思います。お客さんがそのバリスタを信頼していれば、仮にそのコーヒーがまずくても、おいしいと感じるものだと思うんです。もちろんまずいものは作っちゃダメなんですけどね。そういう信頼関係の上に成り立つものだから、カウンターでの立ち振る舞いもそうなんですが、それに加えて、バックグラウンドだったりライフスタイルそのものも、お客さんとの信頼関係の大きな部分だと思っています。

小田政志

オーストラリア、イギリスのコーヒーロースターで、焙煎やクオリティーコントロール等を行う生産部門で勤務。イングランド南部やロンドンの卸先のコーヒートレーニング、レシピ作成、様々な店舗の立ち上げを行う。ヨーロッパ最大規模であるロンドンコーヒーフェスティバル等、様々なイベントにバリスタとして参加。現在、東京を中心とした様々なコーヒーショップとコラボレーションしながら、ゲストバリスタとして活動。また、新規店舗立ち上げ時のコーヒー器具選定やバリスタトレーニング等、コンサルティングの活躍の場も広げている。 コーヒーについて気になることや小田さんにお聞きしたいことがあれば、お気軽にコメントください!次回は、日本チャンピオンとの出会いから、下積みを経て海外に飛び立ち、今の働き方に至るまでのキャリアストーリーをお楽しみに! A cup of KOHII with Love (執筆・編集:Saori, Shimakou)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!

コンテンツで紹介した商品