KOHII
誰かの日常に溶け込むコーヒーを届ける

Meets

誰かの日常に溶け込むコーヒーを届ける

コーヒーと真正面から向き合い、業界の前線を走るバリスタさんたち。その姿を KOHII の 若手クリエーターたちからコラム形式でお届けする企画です。 日本でスペシャルティコーヒーの人気店を立ち上げてきた黄金世代から最近お店に立ち 始めた新世代まで、コーヒーを通してバリスタさんとのカジュアルな会話を楽しんだり、ゲストの方のキャリアストーリーを見つめたり、今後の展望について伺っていきます。 コーヒーLOVERならではのお話やバリスタという職業の魅力など、直接会いに行けなくて も、ワクワクできるような出会いをこの企画でお楽しみいただけると嬉しいです。

高部美希 Othello Coffee Owner・Qアラビカ・ロブスタグレーダー By KOHII Creator@Jongmin (K=KOHII, T=高部さん)

K:これから挑戦したいことを教えて頂けますか? T:そうですね。今年はお店の焙煎機を変えたことをきっかけに営業スタイルも大きく変えました。お客様にコーヒー、そのものの魅力をより伝えたいと思い、店内のカフェ営業を一旦お休みして、コーヒー豆の販売に集中するようになったので、まさに今が挑戦の真っ最中です。焙煎機を取り替えるにも何回かトラブルが生じ、大変なこともありましたが、お客様から励ましの言葉を頂き様子を見に来てくれるなど、支えられているばかりです。 お店でコーヒーを飲むだけではなく、お家でもコーヒーを楽しんでもらえるように、それこそ日常に溶け込む美味しいコーヒー豆を届けていきたいと思います。例えば精製方法の違いなども踏まえて、よりコーヒーのことをもっと知ってもらいたいですね。

K:最後にいつもOthello Coffeeに訪れてくれるお客様やコーヒー業界を目指す若い世代に何かメッセージはありますか? T:コーヒー業界を目指す中で、悩みも多いかなと思うんです。何にせよコーヒーとの関わり方は、本当に多様です。 例えば商社で働く人から、バリスタとしてお店で勤務して、独立をする方もいますよね。多様な選択肢の中で、自分に何ができるんだろうと思うこともあると思いますが、だからといって人がしないようなことを無理に探さなくていいと思います。 マーケティングは大事ですが、コーヒーは抽出一つにしても、本気になれば何十年も突き詰められる訳で、焙煎もそうですよね。終わりというものがない奥行きのあるコーヒーの世界だからこそ、その人のコーヒーというものは必ずあるはずなんです。だから日々の変化を楽しみながら、誠実に、そして前向きにコーヒーと向き合い続ける姿勢が大事かなと思います。そうすれば必ず自分のコーヒーというものの輪郭が見えてきます。

そして、お客様にはいつも見守って、育ててもらっているなと思います。私も完璧ではないので、常に発展途中だと思います。その道程に付き合って頂いているので、いつも支えられているなと思います。これからもよろしくお願いします。 取材を終えての感想ですが、KOHIIではライターをしている私ですが、将来的にはコーヒー業界に深く携わりたいと夢見ています。そういう私がコーヒーキャリアを踏む上で壁にぶつかる時に、訪れる場所がOthello Coffeeです。個性豊かでたくさん美味しいコーヒーを飲める今ですが、その人の日常に溶け込むようなコーヒーは、その個人の経験に伴うのではないかなと思います。KOHII Loverのみなさんにとって日常に溶け込むようなコーヒーはどんなコーヒーですか?

<プロフィール>

高部美希 大分県別府市出身、Qアラビカ・ロブスタグレーダーを取得し、生産農家まで明確に追跡できるスペシャルティコーヒーにこだわる。今年でOthello Specialty Coffee Roasterをオープンして7年目に突入する。

<Othello Specialty Coffee Roaster>

<KOHII Team>

A cup of KOHII with Love (執筆・編集:Jongmin)

コメント

まだコメントがありません。

アプリからコメントしてみてくださいね!